イコムが空施設を活用したアクアポニクス「都市型農園計画」を進めるためにクラウドファンディングを開始

 株式会社イコムは「アクアポニックス」という技術を用いて空家を使った機能付きスペースを開発し「都市型農園計画」を実施する。社会問題の空家をユニークなアイディアで収益化し、更に安全で安心な野菜をつくる今までにはなかった新しい社会インフラの一つとして広めていく為にクラウドファンディングプラットフォーム「MotionGallery」にて資金調達を開始した。

■プロジェクト背景
株式会社イコムは千葉県鴨川市に天然村という施設を立ち上げ、マルチハビテーションライフ提唱の実現に向け最初の一歩を踏み出しました。天然村は都市住民が積極的に自給自足を取り入れ、実践する環境が整っている「お試し田舎暮らし」をコンセプトにできた活動拠点です。地域資源に目を向け、地元農家の協力を得て共同で「アクアポニックス」の試作品づくりをはじめたのが最初のきっかけです。

■プロジェクト概要
個人宅の空家や企業の元倉庫・工場跡地(遊休不動産)を再活用することによる無収益物件の収益化と、都市部でも安全で安心な野菜を生産することができる「機能付きスペース」の開発で、新しい社会インフラの一つとなる空家の活用方法を世に広めていくことを目的とします。

人が住むことだけを目的とした「家屋」を、新しい革新的な技術と不動産活用のノウハウを合わせることで、社会インフラの一つとして「アクアポニックス」を定着させることができると確信しています。将来は個人の趣味や、生活に使う野菜を自家採取できるレンタルファーム、法人利用では飲食店などのお店で使用する鮮度に拘った食材の調達に役立てることもできると考えます。雇用の分野では体が不自由となった方たちの新しい仕事の場としてなども視野に入れ実施して参ります。

クラウドファンディングURL https://motion-gallery.net/projects/Vegepark_project

■「アクアポニックス」とは
主な構成要素は3つ。魚、植物に加え特に微生物が重要な要素となっています。植物は養殖する魚の水槽から送られてくる栄養豊富で豊かな水により、簡単に早く大きく育ちます。水産養殖と水耕栽培、それぞれの属性を共有し、個々で持ち合わせている機能よりはるかに多くの生産性と環境的配慮の両立ができる生産システムです。

イコムが空施設を活用したアクアポニクス「都市型農園計画」を進めるためにクラウドファンディング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  2. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  3. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  4. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  5. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  6. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  7. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  9. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  10. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
  2. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  3. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  4. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
ページ上部へ戻る