イコムが空施設を活用したアクアポニクス「都市型農園計画」を進めるためにクラウドファンディングを開始

 株式会社イコムは「アクアポニックス」という技術を用いて空家を使った機能付きスペースを開発し「都市型農園計画」を実施する。社会問題の空家をユニークなアイディアで収益化し、更に安全で安心な野菜をつくる今までにはなかった新しい社会インフラの一つとして広めていく為にクラウドファンディングプラットフォーム「MotionGallery」にて資金調達を開始した。

■プロジェクト背景
株式会社イコムは千葉県鴨川市に天然村という施設を立ち上げ、マルチハビテーションライフ提唱の実現に向け最初の一歩を踏み出しました。天然村は都市住民が積極的に自給自足を取り入れ、実践する環境が整っている「お試し田舎暮らし」をコンセプトにできた活動拠点です。地域資源に目を向け、地元農家の協力を得て共同で「アクアポニックス」の試作品づくりをはじめたのが最初のきっかけです。

■プロジェクト概要
個人宅の空家や企業の元倉庫・工場跡地(遊休不動産)を再活用することによる無収益物件の収益化と、都市部でも安全で安心な野菜を生産することができる「機能付きスペース」の開発で、新しい社会インフラの一つとなる空家の活用方法を世に広めていくことを目的とします。

人が住むことだけを目的とした「家屋」を、新しい革新的な技術と不動産活用のノウハウを合わせることで、社会インフラの一つとして「アクアポニックス」を定着させることができると確信しています。将来は個人の趣味や、生活に使う野菜を自家採取できるレンタルファーム、法人利用では飲食店などのお店で使用する鮮度に拘った食材の調達に役立てることもできると考えます。雇用の分野では体が不自由となった方たちの新しい仕事の場としてなども視野に入れ実施して参ります。

クラウドファンディングURL https://motion-gallery.net/projects/Vegepark_project

■「アクアポニックス」とは
主な構成要素は3つ。魚、植物に加え特に微生物が重要な要素となっています。植物は養殖する魚の水槽から送られてくる栄養豊富で豊かな水により、簡単に早く大きく育ちます。水産養殖と水耕栽培、それぞれの属性を共有し、個々で持ち合わせている機能よりはるかに多くの生産性と環境的配慮の両立ができる生産システムです。

イコムが空施設を活用したアクアポニクス「都市型農園計画」を進めるためにクラウドファンディング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  2. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  3. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  4. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  5. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  6. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  7. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  8. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  9. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  10. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  2. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  3. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  4. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
ページ上部へ戻る