イコムが空施設を活用したアクアポニクス「都市型農園計画」を進めるためにクラウドファンディングを開始

 株式会社イコムは「アクアポニックス」という技術を用いて空家を使った機能付きスペースを開発し「都市型農園計画」を実施する。社会問題の空家をユニークなアイディアで収益化し、更に安全で安心な野菜をつくる今までにはなかった新しい社会インフラの一つとして広めていく為にクラウドファンディングプラットフォーム「MotionGallery」にて資金調達を開始した。

■プロジェクト背景
株式会社イコムは千葉県鴨川市に天然村という施設を立ち上げ、マルチハビテーションライフ提唱の実現に向け最初の一歩を踏み出しました。天然村は都市住民が積極的に自給自足を取り入れ、実践する環境が整っている「お試し田舎暮らし」をコンセプトにできた活動拠点です。地域資源に目を向け、地元農家の協力を得て共同で「アクアポニックス」の試作品づくりをはじめたのが最初のきっかけです。

■プロジェクト概要
個人宅の空家や企業の元倉庫・工場跡地(遊休不動産)を再活用することによる無収益物件の収益化と、都市部でも安全で安心な野菜を生産することができる「機能付きスペース」の開発で、新しい社会インフラの一つとなる空家の活用方法を世に広めていくことを目的とします。

人が住むことだけを目的とした「家屋」を、新しい革新的な技術と不動産活用のノウハウを合わせることで、社会インフラの一つとして「アクアポニックス」を定着させることができると確信しています。将来は個人の趣味や、生活に使う野菜を自家採取できるレンタルファーム、法人利用では飲食店などのお店で使用する鮮度に拘った食材の調達に役立てることもできると考えます。雇用の分野では体が不自由となった方たちの新しい仕事の場としてなども視野に入れ実施して参ります。

クラウドファンディングURL https://motion-gallery.net/projects/Vegepark_project

■「アクアポニックス」とは
主な構成要素は3つ。魚、植物に加え特に微生物が重要な要素となっています。植物は養殖する魚の水槽から送られてくる栄養豊富で豊かな水により、簡単に早く大きく育ちます。水産養殖と水耕栽培、それぞれの属性を共有し、個々で持ち合わせている機能よりはるかに多くの生産性と環境的配慮の両立ができる生産システムです。

イコムが空施設を活用したアクアポニクス「都市型農園計画」を進めるためにクラウドファンディング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  2. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  3. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  4. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  5. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  6. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  7. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  8. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  9. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  10. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  2. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  3. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  4. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
ページ上部へ戻る