イコムが空施設を活用したアクアポニクス「都市型農園計画」を進めるためにクラウドファンディングを開始

 株式会社イコムは「アクアポニックス」という技術を用いて空家を使った機能付きスペースを開発し「都市型農園計画」を実施する。社会問題の空家をユニークなアイディアで収益化し、更に安全で安心な野菜をつくる今までにはなかった新しい社会インフラの一つとして広めていく為にクラウドファンディングプラットフォーム「MotionGallery」にて資金調達を開始した。

■プロジェクト背景
株式会社イコムは千葉県鴨川市に天然村という施設を立ち上げ、マルチハビテーションライフ提唱の実現に向け最初の一歩を踏み出しました。天然村は都市住民が積極的に自給自足を取り入れ、実践する環境が整っている「お試し田舎暮らし」をコンセプトにできた活動拠点です。地域資源に目を向け、地元農家の協力を得て共同で「アクアポニックス」の試作品づくりをはじめたのが最初のきっかけです。

■プロジェクト概要
個人宅の空家や企業の元倉庫・工場跡地(遊休不動産)を再活用することによる無収益物件の収益化と、都市部でも安全で安心な野菜を生産することができる「機能付きスペース」の開発で、新しい社会インフラの一つとなる空家の活用方法を世に広めていくことを目的とします。

人が住むことだけを目的とした「家屋」を、新しい革新的な技術と不動産活用のノウハウを合わせることで、社会インフラの一つとして「アクアポニックス」を定着させることができると確信しています。将来は個人の趣味や、生活に使う野菜を自家採取できるレンタルファーム、法人利用では飲食店などのお店で使用する鮮度に拘った食材の調達に役立てることもできると考えます。雇用の分野では体が不自由となった方たちの新しい仕事の場としてなども視野に入れ実施して参ります。

クラウドファンディングURL https://motion-gallery.net/projects/Vegepark_project

■「アクアポニックス」とは
主な構成要素は3つ。魚、植物に加え特に微生物が重要な要素となっています。植物は養殖する魚の水槽から送られてくる栄養豊富で豊かな水により、簡単に早く大きく育ちます。水産養殖と水耕栽培、それぞれの属性を共有し、個々で持ち合わせている機能よりはるかに多くの生産性と環境的配慮の両立ができる生産システムです。

イコムが空施設を活用したアクアポニクス「都市型農園計画」を進めるためにクラウドファンディング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  2. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  3. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  4. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  5. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  6. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  7. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  8. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  9. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  10. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  2. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  3. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  4. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
ページ上部へ戻る