【お知らせ】海外市場を中心とした植物工場ビジネス・セミナー講義の様子

 弊社では完全人工光型植物工場を対象とした「植物工場ビジネス・セミナー講義」を行っておりますが、8月に入っても数件の講義を実施いたしました。今回は要望として多かった「植物工場における海外市場」を中心に発表させて頂きました。

海外市場を中心とした植物工場ビジネス・セミナー講義の様子海外市場を中心とした植物工場ビジネス・セミナー講義の様子
米国における量産施設の様子(左)/台湾における植物工場企業の紹介(右)

 人工光型植物工場の量産技術について、日本は世界でもトップリーダーの地位を維持しておりますが、近年は米国や台湾、韓国・中国の他、欧州エリアでも植物工場施設が増えつつあります。例えば台湾は現在、植物工場ブームに近い状況となっており、日本における第3次ブームのキッカケとなった2009年前後に近い状況です。

植物工場レタス(生サラダ用)の価格は1株300~500円近くにて販売されており、今後は日本と同様に販売価格の低下が予測されます。

台湾は現在、植物工場ビジネスの過渡期にあるといえます。日本と比較すると国内市場規模が小さく、従来は生野菜を食する文化・風習を持たない台湾でも、TVメディアにて「アイスプラント」が健康に良い、と報道されると翌日にはスーパーの店頭から商品がなくなるようなこともありました(現在の販売は一定にて落ち着いている)。

その他、店舗併設型植物工場を10店舗以上も展開する企業、中国本土への進出を果たす企業など、様々な事業モデルを展開しながら成功を目指して各社がチャレンジしている段階です。
海外市場を中心とした植物工場ビジネス・セミナー講義の様子

台湾では大規模だけでなく、家庭用や飲食店レストラン向けに小型の植物工場を開発・販売する企業も急増しており、台北市内では店舗併設型レストランを見かける機会も増えている。

また人工光型植物工場では2000年以降から徐々にベンチャー企業が出現している米国では、葉野菜の生産を目的とした施設数では世界でNo.2(日本がトップ)となっており、1日1万株以上の量産施設や医療用・機能性素材の生産を目的としたGM(遺伝子組み換え)植物工場など、日本とは異なる方向性にて研究開発が進められています。

米国では小規模のデモ施設を開発する際には、Kickstarter(キックスター)などのクラウドファンディングにて、比較的スムーズに資金を調達し、事業が大きくなれば大手投資会社からの資金調達に成功する植物工場関連ベンチャーも出現してます。

 日本企業が新規事業や海外市場への展開を計画する際、海外の技術レベルや現在の市場動向を正確に把握した中で事業戦略を考える必要があります。

弊社の植物工場ビジネス・セミナー講義では、受講者の要望に沿った形にて講義内容をカスタマイズしております。知りたい内容だけをピンポイントに理解することができますので、幅広い業種・企業様のご参加をお待ちしております。

※ 詳細ページ:植物工場ビジネス・セミナー講義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  2. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  3. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  4. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  5. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  6. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  7. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  8. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  9. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  10. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  2. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  3. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  4. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
ページ上部へ戻る