【お知らせ】海外市場を中心とした植物工場ビジネス・セミナー講義の様子

 弊社では完全人工光型植物工場を対象とした「植物工場ビジネス・セミナー講義」を行っておりますが、8月に入っても数件の講義を実施いたしました。今回は要望として多かった「植物工場における海外市場」を中心に発表させて頂きました。

海外市場を中心とした植物工場ビジネス・セミナー講義の様子海外市場を中心とした植物工場ビジネス・セミナー講義の様子
米国における量産施設の様子(左)/台湾における植物工場企業の紹介(右)

 人工光型植物工場の量産技術について、日本は世界でもトップリーダーの地位を維持しておりますが、近年は米国や台湾、韓国・中国の他、欧州エリアでも植物工場施設が増えつつあります。例えば台湾は現在、植物工場ブームに近い状況となっており、日本における第3次ブームのキッカケとなった2009年前後に近い状況です。

植物工場レタス(生サラダ用)の価格は1株300~500円近くにて販売されており、今後は日本と同様に販売価格の低下が予測されます。

台湾は現在、植物工場ビジネスの過渡期にあるといえます。日本と比較すると国内市場規模が小さく、従来は生野菜を食する文化・風習を持たない台湾でも、TVメディアにて「アイスプラント」が健康に良い、と報道されると翌日にはスーパーの店頭から商品がなくなるようなこともありました(現在の販売は一定にて落ち着いている)。

その他、店舗併設型植物工場を10店舗以上も展開する企業、中国本土への進出を果たす企業など、様々な事業モデルを展開しながら成功を目指して各社がチャレンジしている段階です。
海外市場を中心とした植物工場ビジネス・セミナー講義の様子

台湾では大規模だけでなく、家庭用や飲食店レストラン向けに小型の植物工場を開発・販売する企業も急増しており、台北市内では店舗併設型レストランを見かける機会も増えている。

また人工光型植物工場では2000年以降から徐々にベンチャー企業が出現している米国では、葉野菜の生産を目的とした施設数では世界でNo.2(日本がトップ)となっており、1日1万株以上の量産施設や医療用・機能性素材の生産を目的としたGM(遺伝子組み換え)植物工場など、日本とは異なる方向性にて研究開発が進められています。

米国では小規模のデモ施設を開発する際には、Kickstarter(キックスター)などのクラウドファンディングにて、比較的スムーズに資金を調達し、事業が大きくなれば大手投資会社からの資金調達に成功する植物工場関連ベンチャーも出現してます。

 日本企業が新規事業や海外市場への展開を計画する際、海外の技術レベルや現在の市場動向を正確に把握した中で事業戦略を考える必要があります。

弊社の植物工場ビジネス・セミナー講義では、受講者の要望に沿った形にて講義内容をカスタマイズしております。知りたい内容だけをピンポイントに理解することができますので、幅広い業種・企業様のご参加をお待ちしております。

※ 詳細ページ:植物工場ビジネス・セミナー講義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  2. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  3. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  4. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  5. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  6. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  7. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  8. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  9. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  10. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
  2. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  3. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
  4. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
ページ上部へ戻る