日本アドバンストアグリ、植物工場産ハーブと滋賀の特産茶をブレンドした「アグリのしあわせ健康茶」を販売

 日本アドバンストアグリは、植物工場産の安全安心なハーブと滋賀特産のほうじ茶や緑茶とブレンドした「アグリのしあわせ健康茶」シリーズをアグリフードEXPO東京2015(8月19、20日)に出店し、販売を開始する。展示会では同社が生産する「ツブリナ」「ロザリナ」、アメリカで大人気の「マイクログリーン」の試食出展も行う。

健康・美容志向の高い30~60代をターゲットとして、同社は『アイスプラント』、『ローズマリー』、『ホーリーバジル』の3品種から販売を開始します。手軽に自分のお気に入りのマイボトルで、一日1パックをお飲み頂くことをイメージしました。
日本アドバンストアグリ、植物工場産ハーブと滋賀の特産茶をブレンドした「アグリのしあわせ健康茶」を販売

ハーブ特有の味や香りによる飲みにくさを解消するため、創業百十余年、近江土山の老舗である㈱マルヨシ近江茶の希少部位「茎ほうじ茶」や近江土山産緑茶をブレンドし、飲みやすく美味しい味に仕上げました。『アイスプラント』にはピニトール、『ローズマリー』には、カルノシン酸、『ホーリーバジル』には、トニテルペン類が含有され、健康・美容に良いことが報告されています。
また、当健康茶は、日本アドバンストアグリ㈱が、運営するカフェレストラン「Café Beans」(滋賀県守山市)においても提供されます。

尚、当社の親会社ツジコー㈱では、国際協力機構(JICA)の委託事業「案件化調査」にて、東南アジアのラオスにおいて、機能性野菜や薬用植物の探索を行っております。今後はラオスで食される固有の機能性野菜や薬用植物で「アグリのしあわせ健康茶」シリーズの展開を図って参ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  2. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  3. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  4. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  5. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  6. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  7. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  8. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  9. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  10. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  2. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  3. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  4. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
ページ上部へ戻る