日本アドバンストアグリ、植物工場産ハーブと滋賀の特産茶をブレンドした「アグリのしあわせ健康茶」を販売

 日本アドバンストアグリは、植物工場産の安全安心なハーブと滋賀特産のほうじ茶や緑茶とブレンドした「アグリのしあわせ健康茶」シリーズをアグリフードEXPO東京2015(8月19、20日)に出店し、販売を開始する。展示会では同社が生産する「ツブリナ」「ロザリナ」、アメリカで大人気の「マイクログリーン」の試食出展も行う。

健康・美容志向の高い30~60代をターゲットとして、同社は『アイスプラント』、『ローズマリー』、『ホーリーバジル』の3品種から販売を開始します。手軽に自分のお気に入りのマイボトルで、一日1パックをお飲み頂くことをイメージしました。
日本アドバンストアグリ、植物工場産ハーブと滋賀の特産茶をブレンドした「アグリのしあわせ健康茶」を販売

ハーブ特有の味や香りによる飲みにくさを解消するため、創業百十余年、近江土山の老舗である㈱マルヨシ近江茶の希少部位「茎ほうじ茶」や近江土山産緑茶をブレンドし、飲みやすく美味しい味に仕上げました。『アイスプラント』にはピニトール、『ローズマリー』には、カルノシン酸、『ホーリーバジル』には、トニテルペン類が含有され、健康・美容に良いことが報告されています。
また、当健康茶は、日本アドバンストアグリ㈱が、運営するカフェレストラン「Café Beans」(滋賀県守山市)においても提供されます。

尚、当社の親会社ツジコー㈱では、国際協力機構(JICA)の委託事業「案件化調査」にて、東南アジアのラオスにおいて、機能性野菜や薬用植物の探索を行っております。今後はラオスで食される固有の機能性野菜や薬用植物で「アグリのしあわせ健康茶」シリーズの展開を図って参ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  2. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  3. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  4. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  5. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  6. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  7. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  8. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  9. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  10. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  2. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  3. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
  4. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
ページ上部へ戻る