植物工場ベンチャーのファームシップ「ものづくり・商業・サービス革新補助金」に採択

植物工場IT活用事例セミナー

 平成26年度補正「ものづくり・商業・サービス革新補助金」の補助事業に、株式会社ファームシップの新技術開発テーマのひとつである「植物工場事業向け統合型養液センサー及び養液分析システムの試作開発」が採択された。

農業×ICT×流通ベンチャーのファームシップは、食料生産、食料流通に関する社会的課題を、ICTをはじめとした最先端テクノロジーを活用して解決することを目的にした日本初のベンチャー企業として2014年に設立し、植物工場事業では、植物工場事業者に対してICTを活用したクラウド型中央環境監視・制御システムの販売を行っています。

植物工場ベンチャーのファームシップ「ものづくり・商業・サービス革新補助金」に採択

 このたび、弊社のシステムをご利用いただいている植物工場事業者の生産性向上を企図し、植物工場の運営において重要な管理項目のひとつである養液状態の監視・分析機能を強化すべく、植物工場に最適化された環境計測センサーの開発と養液の成分分析システムの開発を行います。
また、今後はシステムを通じて得られるセンサーデータの収集と機械学習による分析を進め、顧客の生産性向上に向けたアドバイザリー業務の提供を行っていく予定です。

本事業をはじめとして研究開発体制の一層の強化を図るため、当社とともに共同研究開発を行うパートナー企業を募集しております。
関連資料: http://www.chuokai.or.jp/josei/26mh/h26mono-1-saitaku.pdf