インテリジェンス・Life Lab、就農支援に関する共同事業開始

 株式会社インテリジェンスと、株式会社Life Labは、2015年7月より全国市町村等を対象とした就農支援事業を開始する。両社は双方の経営資源やノウハウを有機的に活用した就農支援サービスを提供することにより、就農分野における人材インフラを構築し、農業再興や地方創生に貢献してまいります。

【就農人口の減少および高齢化の現状と課題】
 農業就業(以下就農)人口はこの20年間で4割強減少し、65歳以上が64%を占めるなど、就農人口の減少および高齢化は、農業再興における深刻な課題となっています。またこれにともない、農地の減少や耕作放棄地の拡大も進行しています(*1)。

一方、これらの課題に対して、持続可能な力強い農業実現に向けた様々な法改正や規制緩和等(*2)が進められており、青年新規就農者の拡大、農地の集約化、農業の大規模化、企業の農業参入、6次産業の促進等が図られています。
また、農業生産法人は年々増加し、企業の農業参入や農地の担い手への集約化も進みつつありますが、新規雇用就農者数は横ばいで推移しており、特に青年新規雇用就農者の拡大と定着化が重要な課題となっています。

【インテリジェンスとLife Lab、両社の強みを活かした共同サービスを開始】
 このような環境の中、国や自治体、農業生産事業者、就農希望者それぞれの就農に対するニーズが高まっており、インテリジェンスとLife Labはそれらをつなぐ就農分野における人材インフラの構築が重要な課題であると考え、両社が共同してこれらの課題に取り組むべく、業務提携基本契約書を6月12日に締結いたしました。併せてインテリジェンスはLife Labの株式11.4%を取得いたしました。

両社は、7月より全国の市町村を対象とした就農支援パッケージサービスの提供を開始致します。Life Labが運営する就農支援サイト「第一次産業ネット」上に市町村ブロックごとの特設ページを設け、地域ブロックごとの農業生産事業者の集合広告とともに地域固有の情報(地域特性情報や移住情報等)を掲載します。

加えて、インテリジェンスが就農カウンセリング・相談会を都市部にて定期設置・運営し、就農希望者の集客から就業までをパッケージサービスとして提供いたします。基本パッケージサービスは10社×3か月間で合計300万円からとなりますが、地方自治体のニーズに即し、サービスを付加してまいります。また今後は、人材紹介や農業就業の定着化支援など、就農ニーズに幅広く対応してまいります。

(*1) 農業就業人口:227万人(平成26年)、平均年齢:66.8歳、65歳以上144万人(平成26年)、耕作放棄地:40万h(平成22年)~農林水産省「農林業センサス」
(*2)法改正や規制緩和:40代以下の農業従事者を約40万人・青年新規就農者数2万人に拡大、農業法人における就農希望者採用、資金の支援等

【事業概要】
(1)営業開始:2015年7月~
(2)対象:全国市町村等
(3)サービス概要:就農希望者の集客から移住・就業までのパッケージサービスの提供
1.集合広告掲載:Life Labが運営する就農支援サイト「第一次産業ネット」上に、市町村ブロックごとの特設ページを開設し、地域ブロックごとの農業生産事業者の集合広告や地方移住や地域特性等の地域情報を掲載。
2.就農カウンセリング・相談会:都市部にて定期開催・運営。
(4)金額:10社×3か月間で合計300万円~

【パッケージサービス:第一次産業ネットでの広告掲載、情報提供、カウンセリング・相談会】インテリジェンス・Life Lab、就農支援に関する共同事業開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  2. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  3. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  5. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  6. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  9. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  10. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  2. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  3. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  4. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
ページ上部へ戻る