サカタのタネ、オールシーズン対応の農業用ハウス内張り資材「快晴カーテン」を発売

 サカタのタネは農業用ハウス内の環境制御などに使われるハウス内張り資材『快晴カーテン』を2015年6月下旬から発売する。高湿度や暑さなどを軽減し、ハウス内の環境を改善する織物で、ビニロン(※1)糸とポリエチレンのテープヤーン(※2)を使っています。

ビニロン素材は吸湿性と透湿性があるため、ハウス内の湿度の上昇や結露を緩和できます。テープヤーンは特殊な3層構造で保温性があるため、暖房コストの軽減につながります。施設園芸における環境制御技術の中でも湿度コントロールは特に重要な技術とされており、『快晴カーテン』を導入することで、ハウス内の湿度を調整することができます。

サカタのタネ、オールシーズン対応の農業用ハウス内張り資材「快晴カーテン」を発売

 また冬場のハウス栽培では、ハウスの機密性を高めて加温する必要があるため、保温と最適な湿度を両立させることが重要です。ハウスの天井から結露した水分が落ち、葉や果実を濡らす「ボタオチ」は冬場の病害の原因の1つですが、『快晴カーテン』はこうした課題に対応し被害を軽減できます。品目では果菜類、特に秋から冬を越し翌年初夏まで収穫するトマトの作型に向くほか、トルコギキョウなどの切り花栽培でもハウス内の環境改善が期待できます。

 一方、60~75%の遮光率があり、この特性を利用することで春先から初夏の強光・高温対策用の資材としても活用できます。そのほか耐候性、耐久性の面にも優れており、縦と横のテープヤーンが交差点で融着しているため、長期間の使用でもすれなどで薄くなることが少なく、性能を長く保ちます。このように1枚でオールシーズンに対応し、長く使えることから利便性と経済性の高い資材です。

『快晴カーテン』の原反は、幅150、180、330cmの3種類で、利用するハウス幅に合わせて原反を組み合わせる継ぎ加工が可能です。遮光率は60~75%の1種類です。加工品の実勢予想価格は1m2あたり400円程度。2015年6月下旬から受注を開始、7月から全国のJA、種苗店ルートを通じて発売します。

※1 ビニロン:ポリビニルアルコール製の合成繊維。作業服やロープにも使われる耐久性のある素材。
※2 テープヤーン:テープ状に編まれた糸の総称。素材はさまざまで服飾から工業用まで幅広く使用されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  2. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  3. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  4. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  5. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  6. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  7. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  8. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  9. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  10. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  2. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  3. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  4. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
ページ上部へ戻る