サカタのタネ、オールシーズン対応の農業用ハウス内張り資材「快晴カーテン」を発売

 サカタのタネは農業用ハウス内の環境制御などに使われるハウス内張り資材『快晴カーテン』を2015年6月下旬から発売する。高湿度や暑さなどを軽減し、ハウス内の環境を改善する織物で、ビニロン(※1)糸とポリエチレンのテープヤーン(※2)を使っています。

ビニロン素材は吸湿性と透湿性があるため、ハウス内の湿度の上昇や結露を緩和できます。テープヤーンは特殊な3層構造で保温性があるため、暖房コストの軽減につながります。施設園芸における環境制御技術の中でも湿度コントロールは特に重要な技術とされており、『快晴カーテン』を導入することで、ハウス内の湿度を調整することができます。

サカタのタネ、オールシーズン対応の農業用ハウス内張り資材「快晴カーテン」を発売

 また冬場のハウス栽培では、ハウスの機密性を高めて加温する必要があるため、保温と最適な湿度を両立させることが重要です。ハウスの天井から結露した水分が落ち、葉や果実を濡らす「ボタオチ」は冬場の病害の原因の1つですが、『快晴カーテン』はこうした課題に対応し被害を軽減できます。品目では果菜類、特に秋から冬を越し翌年初夏まで収穫するトマトの作型に向くほか、トルコギキョウなどの切り花栽培でもハウス内の環境改善が期待できます。

 一方、60~75%の遮光率があり、この特性を利用することで春先から初夏の強光・高温対策用の資材としても活用できます。そのほか耐候性、耐久性の面にも優れており、縦と横のテープヤーンが交差点で融着しているため、長期間の使用でもすれなどで薄くなることが少なく、性能を長く保ちます。このように1枚でオールシーズンに対応し、長く使えることから利便性と経済性の高い資材です。

『快晴カーテン』の原反は、幅150、180、330cmの3種類で、利用するハウス幅に合わせて原反を組み合わせる継ぎ加工が可能です。遮光率は60~75%の1種類です。加工品の実勢予想価格は1m2あたり400円程度。2015年6月下旬から受注を開始、7月から全国のJA、種苗店ルートを通じて発売します。

※1 ビニロン:ポリビニルアルコール製の合成繊維。作業服やロープにも使われる耐久性のある素材。
※2 テープヤーン:テープ状に編まれた糸の総称。素材はさまざまで服飾から工業用まで幅広く使用されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  2. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  3. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  4. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  5. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  6. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  7. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  8. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  9. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  2. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  3. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  4. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
ページ上部へ戻る