キーストーン・アグリ王による植物工場、高機能野菜やハーブ商品をオイシックスにて販売

 植物工場システム開発・製造の株式会社キーストーンテクノロジーは、販売・施工の株式会社アグリ王と共同運営する菜園「新横浜LED菜園」で生産した野菜を、オイシックスが運営する有機や特別栽培の農産物など安心食品宅配を提供するインターネットサービス「Oisix」、「Oisix恵比寿三越店」にて、2015年4月より本格販売をスタートした。

キーストーン・アグリ王による植物工場、高機能野菜やハーブ商品をオイシックスにて販売

販売品目は高栄養野菜の“きくベジシリーズ”4品目、ハーブミックス品3品目および単品10品目の全17品目。“きくベジシリーズ”の「キレイをつくる ビューティーリーフミックス」やハーブミックスシリーズの「サラダ用ハーブミックス」を中心に販売展開します。

<キーストーンテクノロジーの野菜生産>
当社では独自開発したR・G・B(赤・緑・青)光独立制御LED型植物栽培ユニット「AGRI Oh!」を用い、2013年2月よりアグリ王と共同で「新横浜LED菜園」の運営を行っています。

一般的な植物工場産野菜としてレタスが挙げられますが、「新横浜LED菜園」では植物工場事業における収益性改善のため、レタス以外の高付加価値・高単価品目の生産に力を注いできました。同菜園では、国内市場流通量の少ない野菜品目を含め、100品目以上の高付加価値・高単価野菜の生産に成功しています。

~光質コントロールによる機能性野菜の生産に成功~
当社では、10年にわたる研究期間をへて、栽培品種ごとに最適な栽培光質バランスを赤・青・緑色光によりコントロールすることで野菜の機能性成分含量を増やすことを明らかにし、機能性野菜の商品化に成功しました。

今後は本技術により様々な機能性野菜や医療機関向け野菜の開発を進めます。栽培光質のコントロールは単色光LEDの組み合わせにおいてのみ可能な技術であり、蛍光灯や白色LED等の光源では対応できません。
LED型植物栽培ユニット「AGRI Oh!」は、AGRI Oh!専用コントローラにより約17万パターンの光質を制御することが可能であり、目的に合わせた最適な光質環境で機能性野菜を栽培することができます。

~ハーブの多品目生産・高品質化~
当社では、ハーブ類において大手食品会社、老舗洋食店のアドバイスの元、生産力および品質の向上に努めてきました。植物工場産のハーブは「香りが弱い」、「えぐみが強い」、「食味が悪い」など、品質面で課題がありましたが、「新横浜LED菜園」では栽培時の光質コントロールにより品質を改善することに成功しました。

現在では、その品質の高さが評価され、多くの青果バイヤーやシェフから支持を得ています。
季節により産地が限定される季節性の強い品目(スウィートバジルなど)においても通年安定的に一定価格で供給し、病害虫のつきやすい品目(アブラナ科など)においても農薬を使わずに生産できることは、植物工場ならではのメリットといえます。

<野菜販路開拓を徹底支援>
植物工場事業の新規参入には、野菜の販売先の確保や運用コストに見合う販売価格の調整が必要になるなど、植物工場新規参入者の障壁が数多く存在します。このため、植物工場事業は助成金・補助金を活用するケースが多く、自己資金のみで収支を成立させることは難しいと考えられています。

新横浜LED菜園産の野菜・ハーブ類は4~40円/gと、一般的な植物工場産レタスの販売価格2円/g程度と比較して2~20倍程度での取引価格であり、収益性を大きく改善させることができます。

「新横浜LED菜園」における販路先への出荷は「全国50か所のAGRI Oh!システム導入者および新規植物工場参入者」に順次、委託する予定です。キーストーンテクノロジーでは、植物工場新規参入者による販路先確保・販売価格調整の必要をなくすことを目標に、今後も積極的に野菜の販路開拓支援を行っていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  3. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  4. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  5. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  6. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  7. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  8. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  9. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  10. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  2. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  3. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  4. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
ページ上部へ戻る