キーストーン・アグリ王による植物工場、高機能野菜やハーブ商品をオイシックスにて販売

 植物工場システム開発・製造の株式会社キーストーンテクノロジーは、販売・施工の株式会社アグリ王と共同運営する菜園「新横浜LED菜園」で生産した野菜を、オイシックスが運営する有機や特別栽培の農産物など安心食品宅配を提供するインターネットサービス「Oisix」、「Oisix恵比寿三越店」にて、2015年4月より本格販売をスタートした。

キーストーン・アグリ王による植物工場、高機能野菜やハーブ商品をオイシックスにて販売

販売品目は高栄養野菜の“きくベジシリーズ”4品目、ハーブミックス品3品目および単品10品目の全17品目。“きくベジシリーズ”の「キレイをつくる ビューティーリーフミックス」やハーブミックスシリーズの「サラダ用ハーブミックス」を中心に販売展開します。

<キーストーンテクノロジーの野菜生産>
当社では独自開発したR・G・B(赤・緑・青)光独立制御LED型植物栽培ユニット「AGRI Oh!」を用い、2013年2月よりアグリ王と共同で「新横浜LED菜園」の運営を行っています。

一般的な植物工場産野菜としてレタスが挙げられますが、「新横浜LED菜園」では植物工場事業における収益性改善のため、レタス以外の高付加価値・高単価品目の生産に力を注いできました。同菜園では、国内市場流通量の少ない野菜品目を含め、100品目以上の高付加価値・高単価野菜の生産に成功しています。

~光質コントロールによる機能性野菜の生産に成功~
当社では、10年にわたる研究期間をへて、栽培品種ごとに最適な栽培光質バランスを赤・青・緑色光によりコントロールすることで野菜の機能性成分含量を増やすことを明らかにし、機能性野菜の商品化に成功しました。

今後は本技術により様々な機能性野菜や医療機関向け野菜の開発を進めます。栽培光質のコントロールは単色光LEDの組み合わせにおいてのみ可能な技術であり、蛍光灯や白色LED等の光源では対応できません。
LED型植物栽培ユニット「AGRI Oh!」は、AGRI Oh!専用コントローラにより約17万パターンの光質を制御することが可能であり、目的に合わせた最適な光質環境で機能性野菜を栽培することができます。

~ハーブの多品目生産・高品質化~
当社では、ハーブ類において大手食品会社、老舗洋食店のアドバイスの元、生産力および品質の向上に努めてきました。植物工場産のハーブは「香りが弱い」、「えぐみが強い」、「食味が悪い」など、品質面で課題がありましたが、「新横浜LED菜園」では栽培時の光質コントロールにより品質を改善することに成功しました。

現在では、その品質の高さが評価され、多くの青果バイヤーやシェフから支持を得ています。
季節により産地が限定される季節性の強い品目(スウィートバジルなど)においても通年安定的に一定価格で供給し、病害虫のつきやすい品目(アブラナ科など)においても農薬を使わずに生産できることは、植物工場ならではのメリットといえます。

<野菜販路開拓を徹底支援>
植物工場事業の新規参入には、野菜の販売先の確保や運用コストに見合う販売価格の調整が必要になるなど、植物工場新規参入者の障壁が数多く存在します。このため、植物工場事業は助成金・補助金を活用するケースが多く、自己資金のみで収支を成立させることは難しいと考えられています。

新横浜LED菜園産の野菜・ハーブ類は4~40円/gと、一般的な植物工場産レタスの販売価格2円/g程度と比較して2~20倍程度での取引価格であり、収益性を大きく改善させることができます。

「新横浜LED菜園」における販路先への出荷は「全国50か所のAGRI Oh!システム導入者および新規植物工場参入者」に順次、委託する予定です。キーストーンテクノロジーでは、植物工場新規参入者による販路先確保・販売価格調整の必要をなくすことを目標に、今後も積極的に野菜の販路開拓支援を行っていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  3. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  4. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  5. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  6. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  7. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  8. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  9. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  10. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  2. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  3. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  4. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
ページ上部へ戻る