富士通、長野県の農業法人とICTを活用した効率的生産体系実証事業を開始

 長野県は、県内の農業生産法人と水田経営の効率的生産体系の構築を目指した実証事業に、富士通の食・農クラウドAkisai(アキサイ)を採用し、生産コストや労務を分析することで「営農の見える化」を支援する。

1.ICTを活用した効率的生産体系実証事業とは
長野県、富士通、モデル経営体で編成するプロジェクトチームが、モデル経営体の水田農業の経営改善に取り組みます。
富士通、長野県の農業法人とICTを活用した効率的生産体系実証事業を開始

1.モデル経営体の営農活動データ(品種、面積、天候、作業時間など)を富士通のデータセンターに蓄積します。
2.蓄積されたデータから、生産コストや、労務を分析し、「営農を見える化」します。
3.分析結果に基づき、長野県様、富士通、モデル経営体が一体となって経営改善に取り組み、より効率的な生産へとつなげていきます。

2.実施期間
2015年5月~2016年3月

3.導入するICTシステム
「FUJITSU Intelligent Society Solution食・農クラウド Akisai 農業生産管理SaaS 生産マネジメント」
農作業・収穫・出荷の計画と実績を集計・分析し、農業経営・生産・品質の見える化とPDCAサイクルによるマネジメントにより収益改善を支援するクラウドサービス。

4.モデル経営体(7経営体)
(株)ファーム中鶴(佐久市)        丸山 和則
(有)信州うえだファーム(上田市)    塩川 壽友
(株)太陽と大地(東御市)         柳澤 謙太郎
(株)田切農産(飯島町)          紫芝 勉
(株)ブァンベール平出(大町市)     平出 竜也
(有)ティーエム しろうま農場(白馬村) 津滝 俊幸
(農)ファームステーション木島(飯山市) 佐藤 嘉一