アイリスオーヤマ、独自技術の「低温製法」パックご飯の商品ラインアップ拡充

 アイリスオーヤマは、電子レンジで加熱して食べるパックご飯を5月下旬に発売するほか、岩手県内の切餅の生産拠点であるアイリスフーズ岩手工場の生産設備を全面リニューアルする。同社は2013年より、被災地の営農指導とTPPを契機とするお米の市場拡大を目的として、精米事業に参入した。

アイリスオーヤマ、独自技術の「低温製法」パックご飯の商品ラインアップ拡充

同社では、玄米の保管から精米、包装まで全ての工程を15℃以下で行う独自の「低温製法」を開発。脱酸素剤と窒素を封入した高気密パックに3合ずつ小分けにし、業界で初めて1年間という長期の賞味期限を実現した「アイリスの生鮮米」として販売している。

 近年は、少子高齢化に伴い、日本は単身世帯や核家族が増え続けており、1~2人世帯が総世帯数の60%を占めており、一回の食事でのお米の摂取量の減少や、パンに代表される米食以外の主食の台頭などが進んでいる。

このように多様化する食事のスタイルに対応するため、同社では商品ラインアップを拡充し、5月末から第一弾として、パックご飯を発売し、6月には低温製法で精米したもち米を原料とした切餅を発売する予定としている。

パックご飯は宮城県産ひとめぼれや山形県産つや姫など5種類。1食が180グラム入りで、5食入りの参考価格が498~648円。ほかに3食入りや10食入りもそろえ、全国のスーパーやホームセンターなどで販売する。初年度売上高は20億円を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  2. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  3. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  5. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  6. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  7. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  8. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  9. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  2. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  3. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
  4. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
ページ上部へ戻る