大日本印刷、施設園芸・植物工場向けの反射保湿フィルムを開発

 大日本印刷(DNP)は、施設園芸や植物工場(太陽光)による園芸作物を栽培する際に、光の反射性に優れ、高い通水性と防汚性を持たせたシートを通路に敷くことで作物の成長を促進させる「DNP農業フィルム(反射保湿フィルム)通水用」を開発した。栽培育成用に開発したDNP農業用フィルム(反射保湿フィルム)とともに、2015年4月中旬に発売する。

大日本印刷、施設園芸・植物工場向けの反射保湿フィルムを開発

通路用のフィルムは、高い光反射性を持ち農作物の光合成を促進させるとともに、高い通水性から通路に水たまりが発生するのを防止します。また、一般の防草シートに比べ汚れにくいため、反射の機能を長期にわたって維持することができます。

【開発の背景】
ハウス栽培などの施設園芸では、野菜や果実が成長し、背が高くなってくると、農作物の下部に光が当たりづらくなり、光合成を促進するために光量不足を補う方法が求められています。

また、光量を補い雑草の繁殖を抑えるために、通路に市販の防草シートを敷いている場合がありますが、防草シートに付着した汚れが取りづらいことに加え、水たまりが発生すると菌の温床となってしまうことが課題となっていました。これらの課題に対し、DNPは、通路用シートとして通水性を高めた高反射・高防汚性の農業用フィルムを開発しました。

【「DNP農業用フィルム(反射保湿フィルム)通水用」の概要】
・可視光の95%を反射する高反射タイプです。ビニールハウスでの光合成の効果を検証する光量子量評価において、一般の防草シートと比較して反射性が40%以上改善しました。
本フィルムの使用によって、露地栽培や施設園芸のビニールハウス、植物工場などで光量不足を補い、光合成の効率的促進を図ります。また、マンゴーなどの着色を促進する効果も高く、着色の色むらを防止します。

・微細な穴開け加工により、通水性に優れています。
・高い防汚性のため、既存の防草シートに比べ汚れにくく、反射機能を長期的に維持できます。
・光による発熱を遮断し、地温の上昇を抑制します。

【実証試験例】
・オランダ型ハウス「トマト」「イチゴ」にて実栽培評価中(福島県他)
・土耕養液栽培での実栽培評価中「トマト」「イチゴ」(千葉県他)
・土耕ハウス「ブドウ」「ブルーベリー」にて実栽培評価中(中国)
・点滴灌水栽培「トマト」にて実栽培評価中(シンガポール)

【今後の展開】
DNPは、栽培育成用のDNP農業用フィルム(反射保湿フィルム)と、今回開発した当製品を、国内および海外の施設園芸、植物工場向けに販売し、年間20億円の売上を目指します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  2. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  3. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  4. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  5. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  6. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  9. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  10. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  2. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  3. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  4. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
ページ上部へ戻る