大日本印刷、施設園芸・植物工場向けの反射保湿フィルムを開発

植物工場IT活用事例セミナー

 大日本印刷(DNP)は、施設園芸や植物工場(太陽光)による園芸作物を栽培する際に、光の反射性に優れ、高い通水性と防汚性を持たせたシートを通路に敷くことで作物の成長を促進させる「DNP農業フィルム(反射保湿フィルム)通水用」を開発した。栽培育成用に開発したDNP農業用フィルム(反射保湿フィルム)とともに、2015年4月中旬に発売する。

大日本印刷、施設園芸・植物工場向けの反射保湿フィルムを開発

通路用のフィルムは、高い光反射性を持ち農作物の光合成を促進させるとともに、高い通水性から通路に水たまりが発生するのを防止します。また、一般の防草シートに比べ汚れにくいため、反射の機能を長期にわたって維持することができます。

【開発の背景】
ハウス栽培などの施設園芸では、野菜や果実が成長し、背が高くなってくると、農作物の下部に光が当たりづらくなり、光合成を促進するために光量不足を補う方法が求められています。

また、光量を補い雑草の繁殖を抑えるために、通路に市販の防草シートを敷いている場合がありますが、防草シートに付着した汚れが取りづらいことに加え、水たまりが発生すると菌の温床となってしまうことが課題となっていました。これらの課題に対し、DNPは、通路用シートとして通水性を高めた高反射・高防汚性の農業用フィルムを開発しました。

【「DNP農業用フィルム(反射保湿フィルム)通水用」の概要】
・可視光の95%を反射する高反射タイプです。ビニールハウスでの光合成の効果を検証する光量子量評価において、一般の防草シートと比較して反射性が40%以上改善しました。
本フィルムの使用によって、露地栽培や施設園芸のビニールハウス、植物工場などで光量不足を補い、光合成の効率的促進を図ります。また、マンゴーなどの着色を促進する効果も高く、着色の色むらを防止します。

・微細な穴開け加工により、通水性に優れています。
・高い防汚性のため、既存の防草シートに比べ汚れにくく、反射機能を長期的に維持できます。
・光による発熱を遮断し、地温の上昇を抑制します。

【実証試験例】
・オランダ型ハウス「トマト」「イチゴ」にて実栽培評価中(福島県他)
・土耕養液栽培での実栽培評価中「トマト」「イチゴ」(千葉県他)
・土耕ハウス「ブドウ」「ブルーベリー」にて実栽培評価中(中国)
・点滴灌水栽培「トマト」にて実栽培評価中(シンガポール)

【今後の展開】
DNPは、栽培育成用のDNP農業用フィルム(反射保湿フィルム)と、今回開発した当製品を、国内および海外の施設園芸、植物工場向けに販売し、年間20億円の売上を目指します。