大日本印刷、施設園芸・植物工場向けの反射保湿フィルムを開発

 大日本印刷(DNP)は、施設園芸や植物工場(太陽光)による園芸作物を栽培する際に、光の反射性に優れ、高い通水性と防汚性を持たせたシートを通路に敷くことで作物の成長を促進させる「DNP農業フィルム(反射保湿フィルム)通水用」を開発した。栽培育成用に開発したDNP農業用フィルム(反射保湿フィルム)とともに、2015年4月中旬に発売する。

大日本印刷、施設園芸・植物工場向けの反射保湿フィルムを開発

通路用のフィルムは、高い光反射性を持ち農作物の光合成を促進させるとともに、高い通水性から通路に水たまりが発生するのを防止します。また、一般の防草シートに比べ汚れにくいため、反射の機能を長期にわたって維持することができます。

【開発の背景】
ハウス栽培などの施設園芸では、野菜や果実が成長し、背が高くなってくると、農作物の下部に光が当たりづらくなり、光合成を促進するために光量不足を補う方法が求められています。

また、光量を補い雑草の繁殖を抑えるために、通路に市販の防草シートを敷いている場合がありますが、防草シートに付着した汚れが取りづらいことに加え、水たまりが発生すると菌の温床となってしまうことが課題となっていました。これらの課題に対し、DNPは、通路用シートとして通水性を高めた高反射・高防汚性の農業用フィルムを開発しました。

【「DNP農業用フィルム(反射保湿フィルム)通水用」の概要】
・可視光の95%を反射する高反射タイプです。ビニールハウスでの光合成の効果を検証する光量子量評価において、一般の防草シートと比較して反射性が40%以上改善しました。
本フィルムの使用によって、露地栽培や施設園芸のビニールハウス、植物工場などで光量不足を補い、光合成の効率的促進を図ります。また、マンゴーなどの着色を促進する効果も高く、着色の色むらを防止します。

・微細な穴開け加工により、通水性に優れています。
・高い防汚性のため、既存の防草シートに比べ汚れにくく、反射機能を長期的に維持できます。
・光による発熱を遮断し、地温の上昇を抑制します。

【実証試験例】
・オランダ型ハウス「トマト」「イチゴ」にて実栽培評価中(福島県他)
・土耕養液栽培での実栽培評価中「トマト」「イチゴ」(千葉県他)
・土耕ハウス「ブドウ」「ブルーベリー」にて実栽培評価中(中国)
・点滴灌水栽培「トマト」にて実栽培評価中(シンガポール)

【今後の展開】
DNPは、栽培育成用のDNP農業用フィルム(反射保湿フィルム)と、今回開発した当製品を、国内および海外の施設園芸、植物工場向けに販売し、年間20億円の売上を目指します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  2. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  3. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  4. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  5. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  6. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  7. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  8. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  9. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  10. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  2. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
  3. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  4. NASAによる宇宙ステーションや火星探査での農業・植物工場への取り組み
     2015年8月10日には、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在しているNASAの宇宙飛行士が、人工…
ページ上部へ戻る