農機大手のAGCO(GSIグループ)とCNFAがアフリカの農業生産性を改善するために提携

 トラクターやコンバインなど農機・機械メーカー大手AGCOの世界的ブランドであるGSIグループと持続可能な農業開発の国際組織であるCNFAは、農業生産性と食糧安全保障を向上させる上で極めて重要な手段として、食糧貯蔵庫とタンパク質生産システムを推進するために、戦略的な提携関係を構築した。今回の提携では特にアフリカ地域の農業生産性の向上を目指す。

農機大手のAGCO(GSIグループ)とCNFAがアフリカの農業生産性を改善するために提携

サハラ以南のアフリカでは収穫後インフラが不充分で不適切であるため、数十億ドル相当の食糧損失が毎年発生していますが、この提携では特にこうした食糧損失の大幅削減に懸命の努力を傾けていきます。また、CNFAがアフリカで数多くの小自作農と密接に関与していることや、穀物・生鮮食品を貯蔵するための最先端の拡張可能なGSI技術を活用します。

 AGCOの世界的ブランドであるGSIは、穀物貯蔵庫、マテリアルハンドリング機械、調整・乾燥機器の世界レベルのメーカーであり、豚・家禽向け生産機器もフルラインで供給しています。GSIグループのTom Welke社長とCNFAの代表兼最高経営責任者(CEO)を務めるシルヴァン・ロイ氏は、下記の声明を発表しました。

「この提携は、収穫後の損失を減らすることで、小自作農の収入と栄養状態を飛躍的に改善できる可能性を秘めています。一流の非営利農業開発組織であるCNFAと、世界レベルのアグリビジネス企業GSIとの提携は、私たちが協力し、これまでの経験を集大成すれば、食糧損失に対応する上で、新しい革新的手法を生み出せることを示しています。この提携によって、農村部に住む何百万世帯もの食糧安全保障に大きな影響を与え、地域経済の強化に貢献できると確信しています。」

CNFAとGSIは現在、近々導入するソリューションと技術を開発中です。最も有望な革新成果の1つが、村レベルでの太陽光発電式の生鮮食料品向け低温貯蔵庫の導入となります。この貯蔵庫により、小自作農は無駄と損失を低減しつつ、新市場と既存市場へのアクセスを改善できるようになります。

CNFAについて
 Cultivating New Frontiers in Agriculture(農業の新たなフロンティアの開拓、CNFA)は国際的な開発組織として、持続可能で市場先導型の農業イニシアチブの計画を専門としています。CNFAは強固な提携関係を地域・世界で構築し、自組織のプログラムに革新的な手法を取り入れて、包摂的な開発を促進することで、十分なサービスを受けられない層にとっての機会を充実させています。

CNFAは1985年以来、資金提供を受けた農業開発プログラムで5億1000万ドル以上を管理し、アフリカ、東欧、中南米、カリブ海諸国、中東、南アジア、中央アジアの世界42カ国で活動してきました。詳細情報については、www.cnfa.orgをご覧ください。

AGCOについて
 AGCO(NYSE:AGCO)は、農業機械の設計・製造・販売における世界的リーダー企業です。AGCOは、トラクター、コンバイン、干草ツール、スプレイヤー、飼料機械、穀物貯蔵庫、タンパク質生産システム、播種・耕作機械、交換部品などの幅広い製品ラインを通じて、農業の生産性の向上を支えています。

AGCOの製品は、Challenger®、Fendt®、GSI®、Massey Ferguson®、Valtra®の5つの中核的な機械ブランドによって販売され、140カ国以上で約3100の独立取扱店と販売店を通じて世界的に流通しています。1990年に設立され、米国ジョージア州ダルースに本社を構えるAGCOは、2014年に97億ドルの売上高を記録しました。詳しい情報については、www.AGCOcorp.comとwww.gsiag.comをご覧ください。(記事:businesswireより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  2. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  3. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  4. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  5. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  6. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  7. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  8. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  9. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  10. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  2. 新日鉄住金エンジ、ローソンファーム秋田の植物工場に自社システム建築商品を納入
     新日鉄住金エンジニアリング株式会社の建築・鋼構造事業部のシステム建築商品「スタンパッケージ(R)」…
  3. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  4. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
ページ上部へ戻る