農機大手のAGCO(GSIグループ)とCNFAがアフリカの農業生産性を改善するために提携

 トラクターやコンバインなど農機・機械メーカー大手AGCOの世界的ブランドであるGSIグループと持続可能な農業開発の国際組織であるCNFAは、農業生産性と食糧安全保障を向上させる上で極めて重要な手段として、食糧貯蔵庫とタンパク質生産システムを推進するために、戦略的な提携関係を構築した。今回の提携では特にアフリカ地域の農業生産性の向上を目指す。

農機大手のAGCO(GSIグループ)とCNFAがアフリカの農業生産性を改善するために提携

サハラ以南のアフリカでは収穫後インフラが不充分で不適切であるため、数十億ドル相当の食糧損失が毎年発生していますが、この提携では特にこうした食糧損失の大幅削減に懸命の努力を傾けていきます。また、CNFAがアフリカで数多くの小自作農と密接に関与していることや、穀物・生鮮食品を貯蔵するための最先端の拡張可能なGSI技術を活用します。

 AGCOの世界的ブランドであるGSIは、穀物貯蔵庫、マテリアルハンドリング機械、調整・乾燥機器の世界レベルのメーカーであり、豚・家禽向け生産機器もフルラインで供給しています。GSIグループのTom Welke社長とCNFAの代表兼最高経営責任者(CEO)を務めるシルヴァン・ロイ氏は、下記の声明を発表しました。

「この提携は、収穫後の損失を減らすることで、小自作農の収入と栄養状態を飛躍的に改善できる可能性を秘めています。一流の非営利農業開発組織であるCNFAと、世界レベルのアグリビジネス企業GSIとの提携は、私たちが協力し、これまでの経験を集大成すれば、食糧損失に対応する上で、新しい革新的手法を生み出せることを示しています。この提携によって、農村部に住む何百万世帯もの食糧安全保障に大きな影響を与え、地域経済の強化に貢献できると確信しています。」

CNFAとGSIは現在、近々導入するソリューションと技術を開発中です。最も有望な革新成果の1つが、村レベルでの太陽光発電式の生鮮食料品向け低温貯蔵庫の導入となります。この貯蔵庫により、小自作農は無駄と損失を低減しつつ、新市場と既存市場へのアクセスを改善できるようになります。

CNFAについて
 Cultivating New Frontiers in Agriculture(農業の新たなフロンティアの開拓、CNFA)は国際的な開発組織として、持続可能で市場先導型の農業イニシアチブの計画を専門としています。CNFAは強固な提携関係を地域・世界で構築し、自組織のプログラムに革新的な手法を取り入れて、包摂的な開発を促進することで、十分なサービスを受けられない層にとっての機会を充実させています。

CNFAは1985年以来、資金提供を受けた農業開発プログラムで5億1000万ドル以上を管理し、アフリカ、東欧、中南米、カリブ海諸国、中東、南アジア、中央アジアの世界42カ国で活動してきました。詳細情報については、www.cnfa.orgをご覧ください。

AGCOについて
 AGCO(NYSE:AGCO)は、農業機械の設計・製造・販売における世界的リーダー企業です。AGCOは、トラクター、コンバイン、干草ツール、スプレイヤー、飼料機械、穀物貯蔵庫、タンパク質生産システム、播種・耕作機械、交換部品などの幅広い製品ラインを通じて、農業の生産性の向上を支えています。

AGCOの製品は、Challenger®、Fendt®、GSI®、Massey Ferguson®、Valtra®の5つの中核的な機械ブランドによって販売され、140カ国以上で約3100の独立取扱店と販売店を通じて世界的に流通しています。1990年に設立され、米国ジョージア州ダルースに本社を構えるAGCOは、2014年に97億ドルの売上高を記録しました。詳しい情報については、www.AGCOcorp.comとwww.gsiag.comをご覧ください。(記事:businesswireより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  2. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  3. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  4. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  5. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  6. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  7. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  8. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  9. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  10. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  2. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  3. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  4. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
ページ上部へ戻る