富士通・オリックスなど、静岡県磐田市にて大規模植物工場の共同運営へ

 富士通、オリックスと増田採種場が静岡県磐田市にて、大型の太陽光利用型植物工場を共同運営するための連携を開始する。候補場所として、東名高速道遠州豊田パーキングエリア(PA)南側エリアが挙がっており、年内をめどに約10ヘクタールを確保し、栽培施設の建設を開始する。

富士通・オリックスなど、静岡県磐田市にて大規模植物工場の共同運営へ

 植物工場では最新のICT・環境制御技術を導入し、トマトやパプリカ、ケールなどの周年栽培を行っていく計画で、最終的には約20ヘクタールほどの大規模施設の運営を視野に入れる。総投資額は数十億円とみられており、地元の雇用創出にも貢献できる。

3社が事業主体となりながらも、種苗会社(アサヒ農園、ベルグアースなど)や農業生産者、流通・加工や研究機関など幅広い知見・技術を融合させながら、食・農全体のバリューチェーン(種苗~生産~加工・出荷~販売など)の構築を目指していく。