フルLED植物工場「イノベタス・富士ファーム」の稼働開始

植物工場IT活用事例セミナー

 イノベタスは、フルLED光源を採用した完全人工光植物工場である『富士ファーム』を新設した。3月から栽培を開始し、4月から首都圏のスーパーを中心に販売を行い、アジア各国への輸出も目指す。
同社は2014年、静岡県富士市に設立した農業ベンチャーであり、良質で豊富な富士山の地下水を生かしつつ、首都圏へのアクセスも良い静岡にて植物工場の建設に着手した。

フルLED植物工場「イノベタス・富士ファーム」の稼働開始

富士ファームでは、全ての栽培用照明や作業灯すべてにLED光源を採用しているほか、新しい制御・監視システムの導入による電力コスト等の削減、多段棚の効率的配置による面積あたりの栽培数向上、加えて屋根に太陽光発電設備を設置する環境配慮など、先進的な技術を導入した。

 栽培品目はレタス等を中心した葉物野菜。今夏の生産数量は1日1万2千株程度を予定している。今後は栽培日数の短縮等による生産数量の増加、大規模プラントの建設や輸出事業にも力を入れていく、という。