いちごカンパニー、人工光型植物工場で世界最大の高糖度イチゴを生産

植物工場IT活用事例セミナー

 完全人工光型植物工場にてイチゴの栽培を行う、いちごカンパニー株式会社は、LEDを使った植物工場で世界最大となる58gのイチゴを収穫した。同社では昨年よりイチゴの大きさをコントロールする栽培技術の確立を進めており、実用化に成功した、という。
同技術により、夏秋期の栽培を可能にしただけでなく、高糖度でジューシーな大粒イチゴの安定生産が可能となる。

人工光型植物工場で世界最大の高糖度イチゴを生産
 同社では自動制御システムを通して、温湿度・CO2濃度等を管理し、自然界では不安定な天候を安定化させることによって、最高レベルの栽培結果を実現しており、最高糖度は20度を超えるものもある。

LEDを始めとする栽培に必要な器具は全て日本製で構成されており、従来のハウスでの高設栽培の半分以下の溶液で、それ以上の品質を確立することに成功している。

人工光型植物工場で世界最大の高糖度イチゴを生産
その“とろける柔らかさ”と“濃厚な香り”が特徴のイチゴを、専用の宙吊り式のパッケージ〔特許申請中〕で、お手元に届けます。

また病害虫発生をコントロールすることで無農薬を実現し、洗わずにそのまま食べられる安心・安全のイチゴとなっており、お子様も安心して食べることができる。その他、お中元やお歳暮などの贈り物や誕生日のプレゼントなどにも最適である、という。

希望小売価格は、レギュラーサイズ(2L) 500円/個、それぞれ4個、12個パックのセット販売(送料別)となっている。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。