植物工場によるスプラウト・機能性野菜の村上農園が新たな企業ロゴマークを作成

 豆苗をはじめとした太陽光によるスプラウト野菜や植物工場による機能性野菜などを生産する村上農園が、今後のビジネスの方向性と社会的役割を明確にするため、新たなコーポレートビジョンと企業ロゴマークを作成した。

新コーポレートミッション
私たちは「生命(いのち)を守る農ビジネス」をテーマに、新しい価値を創造します。

背景とミッションにこめた想い
 当社の事業領域である「農業」は、従来の庇護されるべき「生業」から、日本の成長戦略の一翼を担うべき「産業」へと今後大きく変貌を遂げようとしています。

こうしたなか、当社は、これまで培ってきた「食の安全性」、「品質の高さ」、「科学的検証」を一層追求し続けることを成長の原動力とし、お客さまのこころとからだの健康に寄与する商品を国内外に普及させることで、その一翼を担いたいと考えています。

「生命を守る……」というミッションは、このような基本認識のもと、食料生産としての「農」に加え、同じく成長戦略で重要とされる医療、とりわけ「予防医学」に関連する「農」を事業領域とすることを示したものです。

植物工場によるスプラウト・機能性野菜の村上農園が新たな企業ロゴマークを作成

ロゴマーク デザインコンセプト
 Murakami FARMの頭文字Mをモチーフに、立体的なデザインで、村上農園が目指す「先進性」や「独創性」を表現しています。また、イメージカラーには「イノベーションへの情熱」や「チャレンジする活力」を連想させる「赤」を採用。
英語社名は種子をイメージしたドットで表現し、漢字社名はグリッドで囲むことで、IT先端技術を活用した生産システムやデータに基づいたマーケティングなど、村上農園が推進する科学的な農業を象徴しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  2. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  3. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  4. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  5. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  6. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  7. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  8. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  9. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  10. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  2. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  3. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  4. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
ページ上部へ戻る