JA全農とファミマ「ファミリーマート+Aコープしんじ店」を島根県で開店

 Aコープ西日本とファミリーマートはフランチャイズ契約を締結し、ファミリーマートとAコープとの一体型店舗「ファミリーマート+Aコープしんじ店」を、2015年2月13日に開店する。なお、同提携に基づいた一体型店舗は2店舗目となる。

■ファミリーマートとAコープとの一体型店舗は大変好評いただいております!
 ファミリーマートとAコープ西日本は、一体型店舗の1号店として「ファミリーマート+Aコープいよ店」(所在地:愛媛県伊予市)を、2014年5月に開店しました。コンビニエンスストアの利便性と、JAグループならではの生鮮食品や日配品、JAオリジナル商品などの幅広い品揃えを兼ね備えた一体型店舗として、地域の皆さまに大変ご好評いただいております。

JA全農とファミ「ファミリーマート+Aコープしんじ店」を島根県で開店

■地元の野菜など幅広い商品ラインナップ!ゆっくりとくつろげるイートインコーナーも設置!
 このたびの「ファミリーマート+Aコープしんじ店」は、通常のコンビニエンスストアの商品やサービスの提供はもちろんのこと、JAオリジナル商品の品揃えや、地元の農家で育てた野菜を並べた直売コーナー、買い物ついでに地域の皆さまが交流いただけるイートインコーナーを設置するなど、地域の皆さまが笑顔で集う“よりあい所”としての役割を担っていきます。

【主な特徴】
(1)地元の農家で育てた野菜を並べた「生産者直売コーナー」の設置。
(2)全農ブランド商品・エーコープマーク品・地元JAブランド商品など約600アイテムを品揃え。
(3)生鮮食品(青果、精肉、鮮魚)の品揃え強化。
(4)地域の皆さま同士が交流いただけるイートインコーナー(18席)の設置。
(5)店舗入口のファサード看板に「ファミリーマート+Aコープ」をデザイン。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  2. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  3. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  5. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  6. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  7. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  8. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  9. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  2. 新日鉄住金エンジ、ローソンファーム秋田の植物工場に自社システム建築商品を納入
     新日鉄住金エンジニアリング株式会社の建築・鋼構造事業部のシステム建築商品「スタンパッケージ(R)」…
  3. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  4. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
ページ上部へ戻る