JA全農とファミマ「ファミリーマート+Aコープしんじ店」を島根県で開店

 Aコープ西日本とファミリーマートはフランチャイズ契約を締結し、ファミリーマートとAコープとの一体型店舗「ファミリーマート+Aコープしんじ店」を、2015年2月13日に開店する。なお、同提携に基づいた一体型店舗は2店舗目となる。

■ファミリーマートとAコープとの一体型店舗は大変好評いただいております!
 ファミリーマートとAコープ西日本は、一体型店舗の1号店として「ファミリーマート+Aコープいよ店」(所在地:愛媛県伊予市)を、2014年5月に開店しました。コンビニエンスストアの利便性と、JAグループならではの生鮮食品や日配品、JAオリジナル商品などの幅広い品揃えを兼ね備えた一体型店舗として、地域の皆さまに大変ご好評いただいております。

JA全農とファミ「ファミリーマート+Aコープしんじ店」を島根県で開店

■地元の野菜など幅広い商品ラインナップ!ゆっくりとくつろげるイートインコーナーも設置!
 このたびの「ファミリーマート+Aコープしんじ店」は、通常のコンビニエンスストアの商品やサービスの提供はもちろんのこと、JAオリジナル商品の品揃えや、地元の農家で育てた野菜を並べた直売コーナー、買い物ついでに地域の皆さまが交流いただけるイートインコーナーを設置するなど、地域の皆さまが笑顔で集う“よりあい所”としての役割を担っていきます。

【主な特徴】
(1)地元の農家で育てた野菜を並べた「生産者直売コーナー」の設置。
(2)全農ブランド商品・エーコープマーク品・地元JAブランド商品など約600アイテムを品揃え。
(3)生鮮食品(青果、精肉、鮮魚)の品揃え強化。
(4)地域の皆さま同士が交流いただけるイートインコーナー(18席)の設置。
(5)店舗入口のファサード看板に「ファミリーマート+Aコープ」をデザイン。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  2. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  3. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  4. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  5. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  6. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  7. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  8. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  9. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  10. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  2. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  3. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
  4. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
ページ上部へ戻る