家庭用ハーブ栽培セットの開発を目指したクラウドファンディングを開始(おうち菜園)

 家庭菜園資材の通販事業を手掛ける株式会社おうち菜園は、3月1日に発売予定の新商品「アロマガーデン」(初心者向けハーブ栽培セット)の映像資金を集めるためのプロジェクトを、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」上で公開した。

【プロジェクトのURL】http://camp-fire.jp/projects/view/1437
家庭用ハーブ栽培セットの開発を目指したクラウドファンディングを開始(おうち菜園)

「より多くの人に家庭菜園の楽しさを届ける」という理念を掲げるおうち菜園は、家庭菜園を諦める理由として「場所がない」「難しそう」「時間がない」が上位に上がることから、野菜よりもさらに育てやすい「ハーブ」に特化した、初心者でも楽しめる栽培セットを開発いたしました。

<3つの商品特徴>
1:初心者でも安心!必要なものが全てセットに
 ハーブの苗(または種)、プランター、土、鉢底石、鉢受皿と、栽培に必要なものが全て同梱されているので、初心者でも気軽にハーブを育てることができます。ハーブの苗は、埼玉県久喜市の契約農場、土は岩手県八幡平市の馬牧場「クラリー牧場」で生産されたものを同梱します。

2:選べる3つの価格帯
 栽培セットは、同梱するプランターの種類(色や材質が異なります)によって1,980円、2,980円、3,980円と3つの価格帯を用意。最上位となる3,980円のセットに同梱する三角ウッドプランターは、島根県出雲市の木工職人による手作りで、間伐材を活用した環境にも配慮したデザインです。

3:バジルはなんと12種類!選べるハーブは全部で70種類
 ローズマリーは5種、ミントは6種、バジルは12種など、代表的な品種からあまり知られていない品種まで、合計70種類のハーブのなかから好きなものを選んで育てることができます。料理、ハーブティー、アロマテラピー、アロマバス、フラワーアレンジメント、ヘアケア・スキンケアなど、暮らしへの取り入れ方が多様なハーブを幅広く楽しんでいただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  2. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  3. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  4. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  5. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  6. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  7. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  8. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  9. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  10. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  2. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  3. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
  4. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
ページ上部へ戻る