家庭用ハーブ栽培セットの開発を目指したクラウドファンディングを開始(おうち菜園)

 家庭菜園資材の通販事業を手掛ける株式会社おうち菜園は、3月1日に発売予定の新商品「アロマガーデン」(初心者向けハーブ栽培セット)の映像資金を集めるためのプロジェクトを、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」上で公開した。

【プロジェクトのURL】http://camp-fire.jp/projects/view/1437
家庭用ハーブ栽培セットの開発を目指したクラウドファンディングを開始(おうち菜園)

「より多くの人に家庭菜園の楽しさを届ける」という理念を掲げるおうち菜園は、家庭菜園を諦める理由として「場所がない」「難しそう」「時間がない」が上位に上がることから、野菜よりもさらに育てやすい「ハーブ」に特化した、初心者でも楽しめる栽培セットを開発いたしました。

<3つの商品特徴>
1:初心者でも安心!必要なものが全てセットに
 ハーブの苗(または種)、プランター、土、鉢底石、鉢受皿と、栽培に必要なものが全て同梱されているので、初心者でも気軽にハーブを育てることができます。ハーブの苗は、埼玉県久喜市の契約農場、土は岩手県八幡平市の馬牧場「クラリー牧場」で生産されたものを同梱します。

2:選べる3つの価格帯
 栽培セットは、同梱するプランターの種類(色や材質が異なります)によって1,980円、2,980円、3,980円と3つの価格帯を用意。最上位となる3,980円のセットに同梱する三角ウッドプランターは、島根県出雲市の木工職人による手作りで、間伐材を活用した環境にも配慮したデザインです。

3:バジルはなんと12種類!選べるハーブは全部で70種類
 ローズマリーは5種、ミントは6種、バジルは12種など、代表的な品種からあまり知られていない品種まで、合計70種類のハーブのなかから好きなものを選んで育てることができます。料理、ハーブティー、アロマテラピー、アロマバス、フラワーアレンジメント、ヘアケア・スキンケアなど、暮らしへの取り入れ方が多様なハーブを幅広く楽しんでいただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  3. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  4. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  5. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  6. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  7. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  8. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  9. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  10. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  2. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  3. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  4. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
ページ上部へ戻る