農業特区の養父市に人工光型植物工場を新たに建設(兵庫ナカバヤシ)

 雑誌や研究誌の製本で全国7割以上のシェアを持つ兵庫ナカバヤシが、兵庫県養父市大谷の関宮工場にリーフレタスを生産する完全人工光型植物工場を建設する。計画では2月中旬に稼働し、4月に出荷を開始する。同社によると、国道9号沿いにある工場(延べ3919平方メートル)の一部約336平方メートルを改装する。

水耕プラント開発で実績がある愛知県弥富市の企業「M式水耕研究所」の技術を用い、大阪府立大農学部の支援で開発した専用の発光ダイオード(LED)照明を使う。

栽培には、ペットボトル詰め天然水の製造・販売会社「サン・ウォーター」(養父市上箇)がくみ上げる氷ノ山山系の地下水を使用し、日産600株の収穫からスタートする。最初は地元を中心に販売して認知度を高め、数千株への増産を目指す。

農業特区の養父市に人工光型植物工場を新たに建設(兵庫ナカバヤシ)
M式水耕研究所ウェブサイトより

 兵庫ナカバヤシは、アルバムや手帳などで知られるメーカー「ナカバヤシ」の子会社。大学や研究機関などが発行する印刷物の合本製本やデジタルデータへの変換などを手がけている。従業員約170人。

関宮工場は1981年に開設。少子化や電子媒体の普及で需要が減少したため、同市大屋町の工場に事業を統合する一方、関宮工場の従業員23人の雇用を維持するため新規事業を検討していた。養父市が農業分野の国家戦略特区に指定されたことから相乗効果を期待し、水耕栽培に参入する。総務省の交付金を活用し、約1億円の設備投資をする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  2. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  3. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  4. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  5. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  6. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  7. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  8. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  9. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  10. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  2. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  3. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  4. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
ページ上部へ戻る