農業特区の養父市に人工光型植物工場を新たに建設(兵庫ナカバヤシ)

 雑誌や研究誌の製本で全国7割以上のシェアを持つ兵庫ナカバヤシが、兵庫県養父市大谷の関宮工場にリーフレタスを生産する完全人工光型植物工場を建設する。計画では2月中旬に稼働し、4月に出荷を開始する。同社によると、国道9号沿いにある工場(延べ3919平方メートル)の一部約336平方メートルを改装する。

水耕プラント開発で実績がある愛知県弥富市の企業「M式水耕研究所」の技術を用い、大阪府立大農学部の支援で開発した専用の発光ダイオード(LED)照明を使う。

栽培には、ペットボトル詰め天然水の製造・販売会社「サン・ウォーター」(養父市上箇)がくみ上げる氷ノ山山系の地下水を使用し、日産600株の収穫からスタートする。最初は地元を中心に販売して認知度を高め、数千株への増産を目指す。

農業特区の養父市に人工光型植物工場を新たに建設(兵庫ナカバヤシ)
M式水耕研究所ウェブサイトより

 兵庫ナカバヤシは、アルバムや手帳などで知られるメーカー「ナカバヤシ」の子会社。大学や研究機関などが発行する印刷物の合本製本やデジタルデータへの変換などを手がけている。従業員約170人。

関宮工場は1981年に開設。少子化や電子媒体の普及で需要が減少したため、同市大屋町の工場に事業を統合する一方、関宮工場の従業員23人の雇用を維持するため新規事業を検討していた。養父市が農業分野の国家戦略特区に指定されたことから相乗効果を期待し、水耕栽培に参入する。総務省の交付金を活用し、約1億円の設備投資をする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  2. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  3. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  4. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  5. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  6. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  7. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  8. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  9. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  10. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  2. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  3. オーストラリア、農業分野の人材獲得競争が激化
     米国でも農作業員の人材不足を危惧し、さらなる自動化を進める生産者が増えているが、農業大国のオースト…
  4. 新日鉄住金エンジ、ローソンファーム秋田の植物工場に自社システム建築商品を納入
     新日鉄住金エンジニアリング株式会社の建築・鋼構造事業部のシステム建築商品「スタンパッケージ(R)」…
ページ上部へ戻る