豊田通商、粉末など製造販売の日本ハイドロパウテックへ資本参加

 豊田通商は、穀物、野菜等の食品素材を加水分解した粉末等を製造販売する日本ハイドロパウテック株式会社(以下、NHP社)の株式10%を取得し、同社に資本参加した。

NHP社は、食品の加水分解と乾燥粉砕に関する2つの新技術を用い、米やコーンスターチを原料とした食品の粘性・保水力を高める機能性加水分解物粉末と、大豆や小豆など農産物の素材のうまみを活かした加水分解物粉末等の製造販売を行っております。

新技術とは、各種澱粉から糖やアルコール、タンパク質からアミノ酸等を製造する際に必要不可欠な加水分解の工程において、化学処理を行わず短時間かつ低エネルギーコストで行う技術と、加水分解工程後の含水した対象物の乾燥と粉末化を同時に効率よく行う技術です。

 当技術を用いると、糖化品や、タンパク質由来の調味料、各種醸造品の製造に要する時間とエネルギーコストを大幅に削減できるなど、今後もさまざまな食品への応用が期待されています。

 豊田通商が資本参加することにより、製品の原料調達、新技術を使った機能性食品原料販売・マーケティングサポートおよび、技術開発・パートナー戦略支援を行います。これにより、製品の販売拡大だけでなく、この技術を活用した機能的な食品原料の開発および新たな技術開発を進め、事業の拡大に取り組むとともに、当技術を日本の農産物にも応用し、高付加価値化や新しい市場開拓するなど、日本の農業にも積極的に貢献してまいります。

<日本ハイドロパウテック株式会社 会社概要>
設立:平成26年4月
所在地:新潟県長岡市
資本金:5千万円
代表者:代表取締役 熊澤正純
主要株主:たかい食品株式会社(http://takai-foods.co.jp/)(新潟県見附市、社長:高井裕司)
三和澱粉工業株式会社(http://www.sanwa-starch.com/)(奈良県橿原市、社長:伊藤 歩)
事業内容:加水分解と乾燥粉砕の新技術を応用した穀類、農産物、水産物等の分解物乾燥粉末等の製造販売および同新技術のライセンス管理・技術コンサルティング業務

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  2. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  3. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  4. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  5. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  7. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  8. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  9. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  10. 植物工場ベンチャーBowery Farming社が750万ドルの資金調達に成功。地産地消型モデルの普及へ
     米国ニューヨークを拠点とするBowery Farming社は、完全人工光型植物工場による生産技術の…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  2. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  3. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  4. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
ページ上部へ戻る