豊田通商、粉末など製造販売の日本ハイドロパウテックへ資本参加

 豊田通商は、穀物、野菜等の食品素材を加水分解した粉末等を製造販売する日本ハイドロパウテック株式会社(以下、NHP社)の株式10%を取得し、同社に資本参加した。

NHP社は、食品の加水分解と乾燥粉砕に関する2つの新技術を用い、米やコーンスターチを原料とした食品の粘性・保水力を高める機能性加水分解物粉末と、大豆や小豆など農産物の素材のうまみを活かした加水分解物粉末等の製造販売を行っております。

新技術とは、各種澱粉から糖やアルコール、タンパク質からアミノ酸等を製造する際に必要不可欠な加水分解の工程において、化学処理を行わず短時間かつ低エネルギーコストで行う技術と、加水分解工程後の含水した対象物の乾燥と粉末化を同時に効率よく行う技術です。

 当技術を用いると、糖化品や、タンパク質由来の調味料、各種醸造品の製造に要する時間とエネルギーコストを大幅に削減できるなど、今後もさまざまな食品への応用が期待されています。

 豊田通商が資本参加することにより、製品の原料調達、新技術を使った機能性食品原料販売・マーケティングサポートおよび、技術開発・パートナー戦略支援を行います。これにより、製品の販売拡大だけでなく、この技術を活用した機能的な食品原料の開発および新たな技術開発を進め、事業の拡大に取り組むとともに、当技術を日本の農産物にも応用し、高付加価値化や新しい市場開拓するなど、日本の農業にも積極的に貢献してまいります。

<日本ハイドロパウテック株式会社 会社概要>
設立:平成26年4月
所在地:新潟県長岡市
資本金:5千万円
代表者:代表取締役 熊澤正純
主要株主:たかい食品株式会社(http://takai-foods.co.jp/)(新潟県見附市、社長:高井裕司)
三和澱粉工業株式会社(http://www.sanwa-starch.com/)(奈良県橿原市、社長:伊藤 歩)
事業内容:加水分解と乾燥粉砕の新技術を応用した穀類、農産物、水産物等の分解物乾燥粉末等の製造販売および同新技術のライセンス管理・技術コンサルティング業務

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  3. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  4. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  5. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  6. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  7. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  8. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  9. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  10. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  2. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  3. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  4. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
ページ上部へ戻る