植物工場の垂直統合型事業による事業採算性を確保(日本アドバンストアグリ)

 日本アドバンストアグリは、自社の技術である植物への好適環境下におけるストレス負荷型栽培装置を用いた、機能性野菜の販売と高機能化された野菜を原料にした健康食品への事業展開(六次産業化)という垂直統合型事業を今後、積極的に展開していくという。

【垂直統合型事業】
植物工場の垂直統合型事業による事業採算性を確保(日本アドバンストアグリ)

【植物ストレス負荷型栽培装置】
機能性野菜を生産する植物ストレス負荷型栽培装置は、近畿経済産業局より昨年「関西ものづくり新選2014」に選定され、各企業様より数多くの問い合わせを受け、順調に販売を伸ばしております。
本年度「関西ものづくり新選2015」選出に関するプレスリリースでも過去の選出企業として紹介されております。

【機能性野菜アイスプラント「ツブリナ」】
機能性野菜の販売においては、弊社機能性野菜であるアイスプラントを「ツブリナ」ブランドにて2009年11月より販売を開始して5年が経過し、皆様にご愛顧頂いております。2月よりこれまでのご愛顧に感謝し、増量キャンペーンを実施する計画です。

【「ツブリナ」を利用した健康食品「グラシトール」】
2014年5月から「グラシトール」の販売を当社専用販売サイト「アグリ生活」にて開始し、現在、定期ユーザー数が着実に増え、お客様の喜びの声とともにリピート率は、94%を超える反響を頂いております。
 アグリ生活URL:https://agri-life.jp/

なお、本健康食品の原料となっている「ツブリナ」の機能性成分を高める栽培技術と栄養成分に関しては2014年11月に特許登録が成立しております。また、ミュージックセキュリティーズ株式会社が運営するマイクロファイナンスとして「グラシトールファンド」の支援を頂いております。
 ミュージックセキュリティーズ株式会社 URL:http://www.securite.jp/

【当社の考える垂直統合型事業】
当社の考える機能性野菜の販売と高機能化された野菜を原料にした健康食品への事業展開(垂直統合型事業)において、健康食品事業は、植物工場の経営を安定化に導きつつある。売れ数の変動が大きい生食野菜だけでは、採算を取ることはむずかしいと考えております。

よって市場の需要と供給のバランスを考えながら粉末加工用と生食野菜の栽培バランスをとり、事業採算性を確保しております。需給変動に対し粉末は在庫しておけるのが本事業の最大のメリットです。

【会社概要】
日本アドバンストアグリ株式会社
本社  :滋賀県長浜市末広町617-1
事業内容:植物工場の設計施工、機能性野菜の栽培および販売、健康食品素材の開発、販売(アグリ生活)
設立  :平成18年4月

【事業概要】
・独自の照明技術を利用した波長と機能性野菜の研究
・野菜にストレスを与えて高機能化を図るストレス負荷型栽培技術
・高機能化された野菜を原料にした健康食品事業を展開(六次産業化)
・栽培環境の制御条件をデータ化、農業クラウドへの応用
・植物工場システム(独自の照明)から健康食品事業(アグリ生活)までの垂直統合型事業を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  2. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  3. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  4. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  5. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  6. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  7. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  8. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  9. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  10. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  2. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  3. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  4. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
ページ上部へ戻る