植物工場の垂直統合型事業による事業採算性を確保(日本アドバンストアグリ)

 日本アドバンストアグリは、自社の技術である植物への好適環境下におけるストレス負荷型栽培装置を用いた、機能性野菜の販売と高機能化された野菜を原料にした健康食品への事業展開(六次産業化)という垂直統合型事業を今後、積極的に展開していくという。

【垂直統合型事業】
植物工場の垂直統合型事業による事業採算性を確保(日本アドバンストアグリ)

【植物ストレス負荷型栽培装置】
機能性野菜を生産する植物ストレス負荷型栽培装置は、近畿経済産業局より昨年「関西ものづくり新選2014」に選定され、各企業様より数多くの問い合わせを受け、順調に販売を伸ばしております。
本年度「関西ものづくり新選2015」選出に関するプレスリリースでも過去の選出企業として紹介されております。

【機能性野菜アイスプラント「ツブリナ」】
機能性野菜の販売においては、弊社機能性野菜であるアイスプラントを「ツブリナ」ブランドにて2009年11月より販売を開始して5年が経過し、皆様にご愛顧頂いております。2月よりこれまでのご愛顧に感謝し、増量キャンペーンを実施する計画です。

【「ツブリナ」を利用した健康食品「グラシトール」】
2014年5月から「グラシトール」の販売を当社専用販売サイト「アグリ生活」にて開始し、現在、定期ユーザー数が着実に増え、お客様の喜びの声とともにリピート率は、94%を超える反響を頂いております。
 アグリ生活URL:https://agri-life.jp/

なお、本健康食品の原料となっている「ツブリナ」の機能性成分を高める栽培技術と栄養成分に関しては2014年11月に特許登録が成立しております。また、ミュージックセキュリティーズ株式会社が運営するマイクロファイナンスとして「グラシトールファンド」の支援を頂いております。
 ミュージックセキュリティーズ株式会社 URL:http://www.securite.jp/

【当社の考える垂直統合型事業】
当社の考える機能性野菜の販売と高機能化された野菜を原料にした健康食品への事業展開(垂直統合型事業)において、健康食品事業は、植物工場の経営を安定化に導きつつある。売れ数の変動が大きい生食野菜だけでは、採算を取ることはむずかしいと考えております。

よって市場の需要と供給のバランスを考えながら粉末加工用と生食野菜の栽培バランスをとり、事業採算性を確保しております。需給変動に対し粉末は在庫しておけるのが本事業の最大のメリットです。

【会社概要】
日本アドバンストアグリ株式会社
本社  :滋賀県長浜市末広町617-1
事業内容:植物工場の設計施工、機能性野菜の栽培および販売、健康食品素材の開発、販売(アグリ生活)
設立  :平成18年4月

【事業概要】
・独自の照明技術を利用した波長と機能性野菜の研究
・野菜にストレスを与えて高機能化を図るストレス負荷型栽培技術
・高機能化された野菜を原料にした健康食品事業を展開(六次産業化)
・栽培環境の制御条件をデータ化、農業クラウドへの応用
・植物工場システム(独自の照明)から健康食品事業(アグリ生活)までの垂直統合型事業を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  2. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  3. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  4. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  5. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  7. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  8. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  9. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  10. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
  2. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  3. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  4. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
ページ上部へ戻る