カナダのケベック州 アイスサイダー・ワインが地理的表示保護制度に登録へ

 アイスサイダーとアイスワインが2014年12月19日、カナダ・ケベック州農務省によって地理的表示保護制度 (Protected Geographical Indication)に認定された。ケベック州で最初にアイスサイダーが製造されたのは1998年のことで、ヘミングフォードサイダー醸造所のフランソワ・プリオ氏が販売したアイスサイダー「Neige(雪)」である(写真はlafacecachee.comより)。

カナダのケベック州 アイスサイダー・ワインが地理的表示保護制度に登録へ

 アイスサイダーはもともと、1989年にフランスのワイン醸造者クリスチャン・バートモフ氏がアイスワインの人気にヒントを得て、木の枝上で凍ったリンゴを使用してサイダーを醸造したのが発祥とされる。フランス語が公用語のカナダ・ケベック州でも現在、50の生産者が存在しており、海外の国際コンテストでも評価が高く、受賞している。

 地理的表示保護制度の原形となった法律は古く1883年のパリ条約に始まる。1935年にはフランスでワインの原産地を統制する制度として法律の適応が開始され、日本では1995年の知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPs協定)の加盟によって、ぶどう酒や蒸留酒の呼称に関する保護が適応された。
その際には、焼酎の壱岐焼酎、球磨焼酎、琉球泡盛、薩摩焼酎、清酒の白山菊酒の5つが選ばれている。

 また日本国内でも、地域特産品となっている農林水産物や食品について、高付加価値化・ブランド化をはかるため、その地域に由来する品質や特徴について適切な評価を与える地理的表示保護制度の導入が検討され、昨年6月には酒類に限らず幅広い産品を対象とした「特定農林水産物等の名称の保護に関する法律」が成立した。
本法律は今年6月より施行され、産品の登録申請の受付が始まる予定だ。

海外市場への進出を迫られる現状において、地域ごとの自然風土、伝統文化、生産方法を尊重しながら産品の名称保護、トレーサビリティーの役目も果たす本制度に対して、大きな期待が集まっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  2. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  3. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  4. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  5. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  6. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  7. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  8. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  9. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  10. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  2. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  3. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  4. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
ページ上部へ戻る