カナダのケベック州 アイスサイダー・ワインが地理的表示保護制度に登録へ

 アイスサイダーとアイスワインが2014年12月19日、カナダ・ケベック州農務省によって地理的表示保護制度 (Protected Geographical Indication)に認定された。ケベック州で最初にアイスサイダーが製造されたのは1998年のことで、ヘミングフォードサイダー醸造所のフランソワ・プリオ氏が販売したアイスサイダー「Neige(雪)」である(写真はlafacecachee.comより)。

カナダのケベック州 アイスサイダー・ワインが地理的表示保護制度に登録へ

 アイスサイダーはもともと、1989年にフランスのワイン醸造者クリスチャン・バートモフ氏がアイスワインの人気にヒントを得て、木の枝上で凍ったリンゴを使用してサイダーを醸造したのが発祥とされる。フランス語が公用語のカナダ・ケベック州でも現在、50の生産者が存在しており、海外の国際コンテストでも評価が高く、受賞している。

 地理的表示保護制度の原形となった法律は古く1883年のパリ条約に始まる。1935年にはフランスでワインの原産地を統制する制度として法律の適応が開始され、日本では1995年の知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPs協定)の加盟によって、ぶどう酒や蒸留酒の呼称に関する保護が適応された。
その際には、焼酎の壱岐焼酎、球磨焼酎、琉球泡盛、薩摩焼酎、清酒の白山菊酒の5つが選ばれている。

 また日本国内でも、地域特産品となっている農林水産物や食品について、高付加価値化・ブランド化をはかるため、その地域に由来する品質や特徴について適切な評価を与える地理的表示保護制度の導入が検討され、昨年6月には酒類に限らず幅広い産品を対象とした「特定農林水産物等の名称の保護に関する法律」が成立した。
本法律は今年6月より施行され、産品の登録申請の受付が始まる予定だ。

海外市場への進出を迫られる現状において、地域ごとの自然風土、伝統文化、生産方法を尊重しながら産品の名称保護、トレーサビリティーの役目も果たす本制度に対して、大きな期待が集まっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  2. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  3. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  4. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  5. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  7. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  8. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  10. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  2. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  3. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  4. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
ページ上部へ戻る