大阪府立大と民間企業による宇宙空間向けの植物工場システム開発。国際宇宙ステーション内での栽培実験も視野に

宇宙航空研究開発機構(JAXA)とインド宇宙研究機関(ISRO)が共同で、2009年10月に打ち上げる回収カプセル型の実験衛星「SRE2号」内に、植物工場の可能性を検証する実験が話題となった。実験では、原始的な藻類:スピルリナを宇宙空間で培養し、光合成に与える無重力の影響を遺伝子レベルで分析するというもの。
 
 
将来的には海藻だけでなく、シャトルや宇宙ステーションでも植物工場を設置して野菜・果物の栽培を実現しようとするもの。この研究では、東大、中央大、茨城大などが参加していたが、大阪府立大学でもJAXAと共同研究を行っている。
 
 
商社機能を果たす(株)ヤハタ、大阪府立大学、(株)MRT<小型の家庭用・植物工場の販売も行っている>、大志製作所(有)が共同で「宇宙空間でも機能する植物工場システム」の研究開発を行い、既に飛行機に搭載した無重力に近い環境テストで本システムを稼働実験している
 
 
今後は更に装置の改良・高度化を重ねて、宇宙用野菜工場の開発へと発展させ、国際宇宙ステーション “きぼう” において日本が担当する食糧確保分野への挑戦も視野に入れているという。