カネカ 農業向け酸化型グルタチオン技術のライセンスを取得

 株式会社カネカは、岡山大麦ゲノムテクノロジー株式会社(以下、OBGT)より農業分野向け酸化型グルタチオン(以下、GSSG)に関する特許群などの通常実施権許諾包括契約を締結した。この契約によりGSSGを生産し、今春を目標に「カネカ ペプチド」として、業務用に販売を開始する。
なおOBGTは、独立行政法人科学技術振興機構(JST)と岡山県が保有する当該特許群の通常実施権を許諾されています。

 GSSGを植物に施肥することで、光合成の主要回路であるカルビン回路を活性化させ、二酸化炭素を効率よく固定します。つまりGSSGには光合成を促進したり、光合成によってできた糖類を効率よく蓄積する効果があります。この効果により、農作物の増収や糖度の向上などが期待できます。

カネカ 農業向け酸化型グルタチオン技術のライセンスを取得

<栽培植物の生長促進実験 OBGT社WEBサイトより>

 GSSGは植物のみならず、あらゆる生物の細胞に含まれており、安全で安心できる物質です。当社は、長年蓄積されたライフサイエンス分野の技術により、GSSGについての高度な製造技術を保有しています。また当社は日本でGSSG肥料として5つの肥料登録を済ませ、さらには、カナダ、米国、中国、インド、タイ、ベトナムなどの農作地で、グローバルに試験的施肥を実施しています。

 ジャガイモ、キャッサバ、サツマイモ、コーン、タマネギ、ナスなどで10%から40%の顕著な増収効果が確認されており、GSSG肥料の活用は、世界的課題である食料事情の解決策の一つになると考えています。

今後、世界の食料事情に役立つために当該領域での研究開発、事業を重視し、今回の特許許諾を契機に「カネカ ペプチド」の製品名にて、GSSG肥料を大型事業化させるとともに、2020年に売上高100億円以上を目指し、グルーバルに事業開発を加速させていきます。

<岡山大麦ゲノムテクノロジー株式会社>
事業内容:JSTのCRESTの研究成果を基本として、2005年4月1日設立されたJST発の企業。植物生産性(収量増加、品質向上、ストレス耐性など)賦活化技術、有用タンパク・ペプチド(抗体医薬、検査薬など)大量生産技術、高精密度遺伝子地図を利用した新規交雑育種システムの研究開発などの技術を保有する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  2. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  3. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  4. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  5. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  6. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  7. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  8. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  9. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  10. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  2. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  3. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  4. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
ページ上部へ戻る