カネカ 農業向け酸化型グルタチオン技術のライセンスを取得

 株式会社カネカは、岡山大麦ゲノムテクノロジー株式会社(以下、OBGT)より農業分野向け酸化型グルタチオン(以下、GSSG)に関する特許群などの通常実施権許諾包括契約を締結した。この契約によりGSSGを生産し、今春を目標に「カネカ ペプチド」として、業務用に販売を開始する。
なおOBGTは、独立行政法人科学技術振興機構(JST)と岡山県が保有する当該特許群の通常実施権を許諾されています。

 GSSGを植物に施肥することで、光合成の主要回路であるカルビン回路を活性化させ、二酸化炭素を効率よく固定します。つまりGSSGには光合成を促進したり、光合成によってできた糖類を効率よく蓄積する効果があります。この効果により、農作物の増収や糖度の向上などが期待できます。

カネカ 農業向け酸化型グルタチオン技術のライセンスを取得

<栽培植物の生長促進実験 OBGT社WEBサイトより>

 GSSGは植物のみならず、あらゆる生物の細胞に含まれており、安全で安心できる物質です。当社は、長年蓄積されたライフサイエンス分野の技術により、GSSGについての高度な製造技術を保有しています。また当社は日本でGSSG肥料として5つの肥料登録を済ませ、さらには、カナダ、米国、中国、インド、タイ、ベトナムなどの農作地で、グローバルに試験的施肥を実施しています。

 ジャガイモ、キャッサバ、サツマイモ、コーン、タマネギ、ナスなどで10%から40%の顕著な増収効果が確認されており、GSSG肥料の活用は、世界的課題である食料事情の解決策の一つになると考えています。

今後、世界の食料事情に役立つために当該領域での研究開発、事業を重視し、今回の特許許諾を契機に「カネカ ペプチド」の製品名にて、GSSG肥料を大型事業化させるとともに、2020年に売上高100億円以上を目指し、グルーバルに事業開発を加速させていきます。

<岡山大麦ゲノムテクノロジー株式会社>
事業内容:JSTのCRESTの研究成果を基本として、2005年4月1日設立されたJST発の企業。植物生産性(収量増加、品質向上、ストレス耐性など)賦活化技術、有用タンパク・ペプチド(抗体医薬、検査薬など)大量生産技術、高精密度遺伝子地図を利用した新規交雑育種システムの研究開発などの技術を保有する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場ベンチャーBowery Farming社が750万ドルの資金調達に成功。地産地消型モデルの普及へ
     米国ニューヨークを拠点とするBowery Farming社は、完全人工光型植物工場による生産技術の…
  2. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  3. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  4. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  5. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  6. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  7. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  8. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  9. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  10. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  2. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  3. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  4. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
ページ上部へ戻る