静岡大学・アグリビジネス研究所、低コスト小型ポット栽培によるトマトの高収量栽培を実現

静岡大学農学部の糠谷明教授らは、小型のポットに植えたトマトの苗に対して、自動的に肥料や水を与えることで、低コストかつ糖度の高いトマトを栽培する独自の技術開発を行っている。本栽培方法により、通常のビニールハウス栽培より、収穫量を2倍に増やすことも可能である。


トマトの丈は通常の半分ほどの1mの高さまで成長し、10アール当たりの株数は4500株ほど、収穫量は年間で30〜40トン前後となっている。栽培にはD型の小型ポットを連結したトレイを使用し、250mlほどの小さな栽培ポットの中に、1日40〜50回、1回当たり30ミリリットルの肥料を含む養液を自動で与えている、という。小型であるメリットは、土の水分状態などの管理も簡単にできることである。


D型栽培トレイ、日照量を計測して養液量を自動調節するシステム機器など内部装置のみで10アール規模あたり300万円ほどが必要となる。静岡大学が新設したビニールハウスでも本技術の実証栽培が行われており、ハウスまで含めた初期投資額は10aあたり1300万円程度で、一般的な太陽光利用型植物工場の10分の1以下で稼働させることができる。


実証施設にて栽培したトマトは「静大トマト」として11月下旬から県内の総菜業者に1キロ250円で販売する計画。平成20年における青果市場での卸売価格でキロ当たり272円、全国の主要都市における野菜の小売価格の場合、有機栽培でない通常の国産トマトはキロ当たり597円となっており、価格的にもリーズナブルな設定であるといえる。


糠谷明教授らは、株式会社静岡アグリビジネス研究所を設立し、企業へ技術指導や栽培システムの販売も行っており、金型メーカーの斉久精機(静岡)では、県内で農地を借りて2010年度から実際にトマトのハウス栽培を開始する、という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  2. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  3. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  4. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  5. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  6. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  7. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  8. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  9. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  10. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  2. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  3. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  4. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
ページ上部へ戻る