タワー型植物工場(垂直栽培)をドバイにて提案、海水を利用した冷却技術を利用した環境配慮型施設

イタリアの建築会社であるStudiomobile社は中東UEA(ドバイ)にて、現代の最先端テクノロジーを活用した垂直農場(Vertical Farming)を提案している。海水を利用した冷却技術を導入し、環境にも配慮されたタワー型植物工場である。


テイサンされたモデルは以下のデザインように、一本の主軸に複数の枝状に分かれた部屋(栽培ルーム)がある。 

  1. 外界からの空気が栽培ルームに入り、冷たい海水を利用することで、空気が冷やされ湿度の高いものになる。これによって作物の栽培に適切な環境(温度・湿度)を実現する
    垂直式の野菜栽培ファーム(ドバイの植物工場)垂直式の野菜栽培ファーム(ドバイの植物工場)
  2. 栽培ルームを出た湿度の高い空気は、天井の隙間にある温かく乾いた空気と混ざることで、空気はより熱く、より湿度の高いものになる。
  3. さきほどのより熱く、湿度の高い空気は、中央上部の主軸部分で、冷たい海水が組み上げられたチューブに接触することで気化し、水滴としてポツポツとタンクに貯められる。この貯められた新鮮な水は作物や飲料水などに使用される。

本システムは、あくまでコンセプト段階であるが、飲料水のために新鮮な水を提供できるだけでなく、野菜などの農作物も提供できる、といった社会的意義のあるプロジェクトである。このようにドバイやカタール、その他のペルシャ湾岸地域はオイルマネーを利用して、次世代エネルギー技術と食・農業を融合したプロジェクトにも強い関心を持っており、今後も大きな金額が投資されるだろう。
垂直式の野菜栽培ファーム(ドバイの植物工場)
垂直式の野菜栽培ファーム(ドバイの植物工場)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  2. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  3. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  4. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  6. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  7. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  8. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  10. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  2. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  3. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  4. 日本の農産物加工・伝統食品など物販可能な展示会がオーストラリア・シドニーにて開催
     2017年6月23日~6月25日までの3日間、オーストラリアのシドニーにて「グッドフード&ワインシ…
ページ上部へ戻る