市民農園シェア畑と日本農業検定がコラボ、人材育成と農業の活性化へ

 市民農園運営最大手のアグリメディアは、「日本農業検定」を実施している一般社団法人全国農協観光協会と連携し、アグリメディアの運営するサポート付市民農園「シェア畑」に同検定の導入を開始する。

市民農園シェア畑と日本農業検定がコラボ、人材育成と農業の活性化へ

「シェア畑」には、野菜作りの指導員である菜園アドバイザーが65名在籍しています。まずは従業員向けに同検定を導入することで、菜園アドバイザーのレベルアップを図ります。本連携により、従業員が野菜作りの知識だけでなく、日本の農業や食に関する総合的な知識の体系的修得を図ります。

また、2015年4月からは、現在5,000人を超える「シェア畑」の利用者へのサービスメニューとして同検定の提供も予定しており、日本の農業の活性化に寄与することを目指します。

【日本農業検定の概要】
 2013年度3級からスタートした「日本農業検定」は、「栽培」「農業全般」「環境」「食」に関する基礎的な知識を習得していただくことを目的としており、初めて農業を学ぶ方や職場で農業の基本的な知識を必要とされる方、さらには家庭菜園を楽しんでいる方や体験農園などで野菜を栽培している方など広く農業に関心のある方を対象としています。

 2014年度は3級に加え2級も実施いたします。多くの方々が農業の基礎的な知識を身につけた「良き農業の理解者・応援団」となっていただきたいと考えております。

【サポート付市民農園シェア畑の概要】
 「畑で楽しむ週末」をコンセプトの、サポート付市民農園です。種や苗・農具も全て農園に準備されており、利用者は手ぶらで気軽に野菜づくりを楽しむことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  2. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  3. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  4. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  5. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  6. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  7. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  8. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  9. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  10. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  2. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  3. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  4. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
ページ上部へ戻る