市民農園シェア畑と日本農業検定がコラボ、人材育成と農業の活性化へ

 市民農園運営最大手のアグリメディアは、「日本農業検定」を実施している一般社団法人全国農協観光協会と連携し、アグリメディアの運営するサポート付市民農園「シェア畑」に同検定の導入を開始する。

市民農園シェア畑と日本農業検定がコラボ、人材育成と農業の活性化へ

「シェア畑」には、野菜作りの指導員である菜園アドバイザーが65名在籍しています。まずは従業員向けに同検定を導入することで、菜園アドバイザーのレベルアップを図ります。本連携により、従業員が野菜作りの知識だけでなく、日本の農業や食に関する総合的な知識の体系的修得を図ります。

また、2015年4月からは、現在5,000人を超える「シェア畑」の利用者へのサービスメニューとして同検定の提供も予定しており、日本の農業の活性化に寄与することを目指します。

【日本農業検定の概要】
 2013年度3級からスタートした「日本農業検定」は、「栽培」「農業全般」「環境」「食」に関する基礎的な知識を習得していただくことを目的としており、初めて農業を学ぶ方や職場で農業の基本的な知識を必要とされる方、さらには家庭菜園を楽しんでいる方や体験農園などで野菜を栽培している方など広く農業に関心のある方を対象としています。

 2014年度は3級に加え2級も実施いたします。多くの方々が農業の基礎的な知識を身につけた「良き農業の理解者・応援団」となっていただきたいと考えております。

【サポート付市民農園シェア畑の概要】
 「畑で楽しむ週末」をコンセプトの、サポート付市民農園です。種や苗・農具も全て農園に準備されており、利用者は手ぶらで気軽に野菜づくりを楽しむことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  2. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  4. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  5. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  6. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  7. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  8. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  9. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  10. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  2. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  3. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  4. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
ページ上部へ戻る