赤色と青色LED照明を利用したミニ植物工場:十和田技研

最近では丸紅のミニ植物工場(土壌栽培可能)や各社が水耕栽培・ミニ植物工場を開発・販売している。(株)十和田技研でも、赤色と青色LED照明を利用したミニ植物工場「お部屋で菜園シリーズ」を開発・発売している。同社の製品は、1994年に世界で初めて、赤と青のLEDを使った植物栽培に成功した香川大学大学院の岡本研正教授の監修を得て製品化したもの。
 
 
赤色と青色LED照明を利用したミニ植物工場:十和田技研
  
LEDを1500個使用した「RY?100型」(横幅87cm × 奥行き45cm × 高さ100〜150cm(可変式)の価格は21万円ほど。ほかの光源に比べLEDは低消費電力という利点もあり、LEDを1500個使用したタイプでも、24時間使用した電気代は月額1500円ほどで済む。
 
 
本商品は、LEDを24時間連続照射するため、野菜では露地栽培と比べ2倍以上の速さで成長する。小松菜なら種を植えてから30日程度で収穫可能。同社によると、赤色LEDは植物の光合成を活発にして発芽や茎の成長を促し、青色LEDは葉や茎を光の方向に向ける働きがあるという。