屋外農場・植物工場などの過酷環境下にも対応した環境モニタリングシステムを開発(イーソル)

植物工場IT活用事例セミナー

 イーソル株式会社は、温湿度、照度などの様々な環境データを測定・蓄積・管理する農場監視システム「eSOL AGRInk Server(アグリンク サーバ)」の販売を発表した。本システムは、多様な環境データを測定できる各種無線/有線センサーを現場のニーズに応じて追加できるため、広大な農場や植物工場などの施設でも、各スポットにおけるより正確な測定データを得ることができる。

屋外農場・植物工場などの過酷環境下にも対応した環境モニタリングシステム

 標準セットは、測定された環境データを収集する本体装置と、測定データを蓄積・管理・確認するための専用アプリケーション(ライト版)、ACアダプタで構成されている。温湿度、照度センサーは標準セットに内蔵されており、電源はACアダプタ以外にソーラーパネルでも利用できるため、電源を引くことのできない屋外でも稼働することができる。

屋外の農場や植物工場などでの測定データは無線LANや3G通信回線を使用してクラウドサーバや無線LAN対応のパソコンへ蓄積できる。また、通信切断時に備えて内蔵された本体ストレージ(2GB)にデータを保存できるため、測定データの欠落を最小限に抑える工夫がなされている。

本体は、水や埃、農薬、高温など屋内外の過酷な環境下で使用されることを想定し、防水・防塵設計が採用されている。同社では本システムのモニターも募集している。