近畿日本ツーリストが和郷と業務提携。観光との連携を通じて農業ビジネスへ新規参入

KNT‐CTホールディングス株式会社はこのたび、農業法人株式会社和郷と業務提携を行いました。この提携を受けて、グループ会社である近畿日本ツーリスト株式会社は、株式会社和郷が所有する農園リゾート(THE FARM)による「観光農業事業」、
和郷グループ施設の視察ツアー販売等の「農業ビジネス促進支援事業」など、「観光と農業の連携」を通じて、農業ビジネスへの新規参入を図り、政府の掲げる「第6次産業化の推進」による「地方活性化」に貢献してまいります。写真:農園リゾートthe farmウェブサイトより

近畿日本ツーリストが和郷と業務提携

■ 業務提携による主な事業内容は下記のとおりです。

農園リゾート(THE FARM)
<コテージ・カフェ・貸農園・日帰り温泉>による観光農業事業

上記の訪問施設を組み込んだ旅行商品の企画、販売。団体旅行(教育旅行・企業研修等)では平成27年4〜5月頃に設定を予定。
※なお、個人旅行においてはHDグループ会社であるクラブツーリズム(株)の日帰りバスツアーを本年10月より販売。

農業ビジネス促進支援事業
和郷グループ施設の視察・研修プログラムの企画、旅行商品化および販売。

■株式会社和郷について
千葉県内、約90戸の生産農家からなる農事組合法人「和郷園」の農産物販売を主業としています。
カット野菜の加工工場から、堆肥リサイクルまで、生産から加工、販売までを一貫して行っており、国内外から年間、数千名を超える自治体、生産者団体などが視察に訪れる農業法人のリーディングカンパニーと言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  2. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  3. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  4. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  5. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  6. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  7. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  8. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  9. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  10. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  2. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  3. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  4. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
ページ上部へ戻る