岩崎電気、夜間照明による農作物の生育に影響のない光「光害阻止LED照明器具」を開発

 岩崎電気株式会社は、株式会社アグリライト研究所(山口大学 農学部発ベンチャー企業)、山口大学農学部 山本晴彦研究室との共同研究で、「夜間照明による農作物の生育に影響のない光」、光害阻止LED照明器具『LEDioc LUMIINE(TM)(レディオック ルミーネ)』を開発しました。2015年春の発売を予定し、2014年11月から受注を開始します。

 夜間照明の設置は、事故の防止や夜間の犯罪を抑制するなど、地域の安全・安心のためには必要なものです。その一方で、田畑に隣接した地域では、夜間照明によってイネの生育に遅れが生じるなど、農業生産者の収入に影響があるといわれています。

岩崎電気、夜間照明による農作物の生育に影響のない光「光害阻止LED照明器具」を開発

 この問題を解決する研究として、山口大学農学部 山本晴彦研究室では、LEDで特殊な波長をコントロールし、同時に人間には感じられない高速点滅を行うことで農作物への影響を与えない「光害阻止技術(※1、2)」を開発しました。
2009年〜2013年の5年間のフィールド実験では、10ルクスで照明してもイネの出穂の遅延が、3日以内(※3)に抑制されることが確認されています。

『LEDioc LUMIINE(TM)』は、この技術を応用した光害阻止LED照明器具で、適切な夜間照明を行いながらも、農作物の生育に影響のない、「地域住民の安全・安心」と「農業生産者の安心」の両立を実現できます。

◆主な仕様
本体:アルミダイカスト
使用電圧:100〜242V
消費電力:40VA以下
設計寿命:40000時間以上
耐雷サージ:15kV(コモンモード)

◆主な使用用途
地方自治体:水田が隣接した通学路や生活道路など
駐車場:郊外型コンビニエンスストア、ファミリーレストラン
道の駅、高速道路のパーキングエリア/サービスエリアなど

◆価格: オープン価格

(※1)光害阻止技術活用照明器具とは
本照明器具は、特許「第4839447号」、国際出願番号「PCT/JP2010/068556」を用いた照明器具です。(山口大学が出願人、株式会社アグリライト研究所が専用実施権をもつ研究成果を利用しております)

(※2)光害阻止効果の定義
特許技術による確認方法により、「イネであれば水平面照度10ルクスの夜間照明が照射された状態でも、通常の出穂からの遅延日数3日間以内(出荷時のコメの品質に影響のないとされる指標)が達成される効果」

(※3)出穂からの遅延日数3日間以内という指標
山口大学による研究成果(国際出願番号「PCT/JP2010/068556」にも記載)で定められた指標

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  2. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  3. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  4. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  5. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  6. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  7. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  8. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  9. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  10. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  2. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  3. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  4. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
ページ上部へ戻る