NECソリューションイノベータ、農業指導員の業務をICTで省力化するシステムを販売

 NECソリューションイノベータは、多数の農家に栽培技術や経営の指導を行う営農指導員の業務を効率化し、果実や野菜の園地・農地での現場指導を充実させる「果菜栽培向け営農指導支援システム」を開発、農業協同組合や大規模農業生産法人に向け、販売を開始します。

営農指導の現場では、農家が現地での生産指導を期待する一方、指導員は事務作業に時間をとられ、現地での指導時間を十分に確保できていないのが現状です。

本システムは、味や見栄えなどの品質が売価に影響する果菜を対象とし、園地情報や生育状況、出荷評価データなど営農指導に必要な情報をクラウドで一元管理してデータを可視化。事務作業の効率化だけでなく、データを活用した生産指導も可能にし、“攻め”の営農指導への転換を実現します。

<背景>
NECソリューションイノベータは、農作物の中でも特に、消費者が味や見栄えを重視し、品質の向上が農家の収入増に直結する果菜類に着目。2009年よりミカンの露地栽培を対象に栽培支援システムを設計し、三重県や愛媛県などで産官学連携により実証実験を行ってきました。

その中で、農業協同組合(以下、JA)や農家へのヒアリングを通し、営農指導における問題を把握。現状の営農指導では、栽培指導以外の事務処理に多大な工数がかかり、現場指導の時間を十分に確保できていないこと、また、指導内容も各指導員のスキルに依存し、品質向上に向けて安定した指導ができない状況であることが分かりました。

あるミカン栽培の例では、指導員一人につき200件もの園地を担当し、現場指導希望が多い8月の1ヶ月の間、指導員が現場に行くことができたのは3日のみという状況が見受けられました。農林水産省の調査でも、生産者が今後最も強化して欲しいJAの事業は「農業技術や経営等の指導」、と回答した割合が最も高いという結果がでています(注1)。

 NECソリューションイノベータは、“攻め”の農業を担う生産現場の強化に貢献すべく、この営農指導における課題に対して、指導員の事務作業を効率化し、品質向上に向けた生産指導を支援するためのシステムを開発。ミカン以外の他の果菜にも展開できる「営農指導支援システム」として、全国のJAや農業生産法人に向け、本日より販売を開始いたします。

<システムの特長>
1.園地情報・生育情報の一元管理

 これまで、紙帳票やExcel帳票など別々のデータとして管理していた園地情報、生育情報、環境情報、出荷評価データをクラウドで一元管理(注2)。これにより、園地に紐付いた様々な情報を経年で比較したり、サイズや品質など園地毎の生育状況の特性を比較したりするなど、営農指導のワークフローに合わせて、必要な時に必要な情報をすぐに検索・閲覧でき、現場での指導の充実を実現します。

2.営農指導情報の記録の省力化
 指導員は、タブレット端末を用いて、園地での指導内容をその場で簡単に入力することが可能。また、広範囲に点在する園地を指導する場合でも、園地情報にGPS情報が紐付くため、入力の際の園地特定も容易に。指導記録や日報作成の事務作業の省力化を実現します。

3.果実成績表の提示と採果計画作成の支援(オプション対応)
生産指導を充実させる2つのオプション機能を提供

(1)「果実成績表」のレポート出力
 サイズ、糖度、酸度、評価点などの果実品質について、出荷時や生育中の状況をグラフ化して表示。産地平均や栽培目標と比較して、園地毎や生産者毎の傾向を客観的に評価することを可能にします。

(2)採果計画の作成支援(注3)
 各園地の生育状況の調査結果から、採果日と糖度・酸度の等級をパラメータとし、産地全体の等級別収穫量をシミュレーション。これにより、指導員は、農家毎に採果予定日や収穫量を計画することができ、精度の高い出荷目標管理を可能にします。

(注1)農林水産省「農業協同組合の経済事業に関する意識・意向調査結果」(平成25年12月26日公表)に基づく
(注2)園地情報・・園地の位置、所有者、栽培品目、収穫量など
生育情報・・作物の糖度、サイズ、酸度など
環境情報・・農地に設置した環境センサの収集情報やアメダスデータなど
出荷評価データ・・出荷時の糖度、サイズ、酸度、評価点など
(注3)採果・・出荷に向けて果菜作物を収穫すること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  2. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  3. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  4. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  5. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  6. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  7. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  8. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  9. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  10. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  2. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  3. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
  4. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
ページ上部へ戻る