ローソン、食後の血糖値の上昇を緩やかにする特保許可のオリジナル商品を販売

植物工場IT活用事例セミナー

株式会社ローソンは「食後の血糖値の上昇を抑制する」として特定保健用食品(=特保)の許可を受けた「食物繊維入りそば」「特食パン2枚入」「からだ応援ロール2個入」を2014年10月21日より順次、全国のローソン店舗(10,810店、2014年8月末現在、ローソンストア100、ローソンマートを除く)で発売します。

ローソン、食後の血糖値の上昇を緩やかにする特保許可のオリジナル商品を販売

今回発売する「食物繊維入りそば」と「からだ応援ロール2個入」には「難消化性デキストリン」(※1)を、「特食パン2枚入」には「難消化性再結晶アミロース」(※2)を配合しており、どちらの成分にも食後の血糖値の上昇をおだやかにする働きがあります。

「特食パン2枚入」を食べた後の血糖値の上昇率を計測したところ、通常のパンと比較して約15%低減することがわかりました。(2枚摂取時)特保の許可を受けたオリジナルの調理麺とパンを販売するのは、コンビニエンスストア業界で初めてです。ローソンは2012年6月にコンビニエンスストア業界で初めてブラン(※3)を使用した低糖質のパンを発売するなど、健康を気遣う方向けの商品の開発に力を入れています。

※1 「難消化性デキストリン」とはトウモロコシデンプン由来の水溶性の食物繊維です。
※2 「難消化性再結晶アミロース」とはタピオカデンプン由来の消化吸収されにくい炭水化物です。
※3 「ブラン」とは小麦の外皮(ふすま)で、小麦粉と比較して糖質が少ないことが特徴です。