ファミリーマートとカスミ、コンビニとスーパーの一体型店舗を開店

株式会社ファミリーマートと株式会社カスミは、コンビニエンスストアとスーパーマーケットの双方の機能を兼ね備えた新たなビジネスモデルの構築に向けて「ファミリーマートプラス上青木店」を、2014年11月1日(土)に開店します。

■コンビニエンスストアの利便性とスーパーマーケットの品揃えを一体化させた新業態店舗
 このたび開店する「ファミリーマートプラス上青木店」は、“家庭のキッチン”をコンセプトに、ファミリーマートが展開するコンビニエンスストアの基本機能やドラッグストアや調剤薬局との一体型店舗で培った日用品の品揃えなどのノウハウと、カスミが展開する惣菜や肉・野菜・魚などの生鮮食品や日配品、加工食品を中心としたスーパーマーケットならではの品揃えを一体化させた新しい店舗フォーマットです。

 両社の持つ経営資源を最大限に活用することで、コンビニエンスストアやスーパーマーケット単体では実現できない新たな利便性を提供し、“ワンストップショッピング”の実現を目指してまいります。

ファミリーマートとカスミ、コンビニとスーパーの一体型店舗を開店

■両社の特長を活かした商品の品揃えが充実
「ファミリーマートプラス上青木店」では、特に昼・夜の需要に合わせて、ファミリーマートのファストフード“できたてファミマキッチン”商品やカスミの惣菜を強化することで出来立ての味を提供するとともに、レンジで温めるだけのお惣菜や簡単な調理で食べられる簡便な商品を品揃えいたします。

また、店内には木目調の内壁やカウンターを採用するとともに、各売場がすぐにわかるようにコーナーの表記をし、快適にお買い物いただける空間づくりを行ってまいります。さらに、12台の駐車スペースに加え、駐輪場も完備し、幅広い地域のお客さまにご利用いただけるお店づくりをしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  2. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  3. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  4. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  5. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  7. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  8. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  9. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  10. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  2. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  3. オーストラリア、農業分野の人材獲得競争が激化
     米国でも農作業員の人材不足を危惧し、さらなる自動化を進める生産者が増えているが、農業大国のオースト…
  4. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
ページ上部へ戻る