農機具のクボタ関連企業、新潟コシヒカリなどを海外市場へ輸出開始

新潟県稲作経営者会議による県産米の香港とシンガポールへの輸出を開始する初荷式が10月7日に開催された。輸出を行うのは新潟クボタの全額出資子会社である新潟農商となっている。

県内農家115軒と契約し、コシヒカリやこしいぶき等の米742トンのうち542トンが香港とシンガポールに送られる予定で、初荷式で扱った32トンは新潟港を出発し、今月下旬に現地に到着する。残る200トンはモンゴル向けという。

農機具のクボタ関連企業、新潟コシヒカリなどを海外市場へ輸出開始

県産米はシンガポールと香港の現地法人を通じて日本食レストランやスーパーに販売される計画。県食品・流通課の調べによると、県産米の輸出量は2004年度の4トンから13年度の697トンに増加。国から認定された今年産の輸出用の量は1532トンと計画されている。

クボタによる本輸出プロジェクトは2010年に新規事業としてスタートした。県産米を玄米として輸出し、現地に設立した子会社を通じて精米する『玄米輸出と現地精米』モデルに挑戦する。(写真:クボタ日本米輸出プロジェクトより)

香港統計局(2012年7月25日現在)によると香港では、シンガポールと並んで日本食が普及している国であり、飲食業の軒数では中国料理店が全体の30.3%(4,770軒)を占めるものの、国別の料理店ではイタリア、フランス、韓国などを抑え、日本料理店が全体の6.9%(1,080軒)を占めることから大きな市場があると判断した。

県産米の価格は競合する中国産やベトナム産などの2倍以上と高額だが、アジアの富裕層を中心に外食産業向け日本産米需要が拡大する中、同会議などは輸出事業に弾みをつけたいとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  2. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  3. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  4. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  5. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  6. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  7. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  8. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  10. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  2. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  3. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  4. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
ページ上部へ戻る