矢野経済、農業生産法人に関する研究ファイルを発行

 矢野経済研究所では、9月30日に新たなマーケットレポートとして「2014年版 急増する農業生産法人に関する研究ファイル」を発行した。
国内農業の市場環境は高齢化と後継者難、輸入農産物の増加に伴う価格競争の激化、農地面積の減少と耕地放棄地の増加、農業生産現場である農村人口自体の減少による地域社会としての農村活力の低下等、喫緊の課題を数多く抱えた状況となっている。

国内農業の置かれる市場環境から見て、付加価値農業の推進、計画生産農業の拡大、農業生産の大規模化、農産物流通におけるマーケティング手法の導入、信用力強化、経営の安定的継承等、農業経営は個人事業経営から法人経営へと変化せざる得ない状況となっている。

 しかし、一方で、農業生産法人は組織自体未だ小規模なものが多く、今後の国内農業生産における主役となる農業生産法人がどのような生産・流通・販売活動を行っているかの具体的概要は明確ではない。

本調査レポートは、国内有力農業生産法人に関しての概要を調査することにより、農産物流通企業、生産資材メーカー等、広くアグリビジネス関連企業への資料提供を目的として企画した。

●資料のポイント
○農業生産法人数は前年比105.8%の13,561法人(2013年1月1日現在)。
2001年対比で218%、法人数にして7,348法人の増加となり、約10年間で倍増

○「日本再興戦略(改訂2014)」(2014年6月閣議決定)では、
「攻めの農林水産業の展開」というコンセプトの基、
農業委員会・農業生産法人・農業協同組合の一体的改革の推進が盛り込まれる

○農産物の生産・加工・販売分野で他社・団体と提携をしている農業生産法人は
44.4%に達する(有効回答法人数266票)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  2. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  3. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  4. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  5. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  9. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  10. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  2. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  3. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
  4. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
ページ上部へ戻る