矢野経済、農業生産法人に関する研究ファイルを発行

 矢野経済研究所では、9月30日に新たなマーケットレポートとして「2014年版 急増する農業生産法人に関する研究ファイル」を発行した。
国内農業の市場環境は高齢化と後継者難、輸入農産物の増加に伴う価格競争の激化、農地面積の減少と耕地放棄地の増加、農業生産現場である農村人口自体の減少による地域社会としての農村活力の低下等、喫緊の課題を数多く抱えた状況となっている。

国内農業の置かれる市場環境から見て、付加価値農業の推進、計画生産農業の拡大、農業生産の大規模化、農産物流通におけるマーケティング手法の導入、信用力強化、経営の安定的継承等、農業経営は個人事業経営から法人経営へと変化せざる得ない状況となっている。

 しかし、一方で、農業生産法人は組織自体未だ小規模なものが多く、今後の国内農業生産における主役となる農業生産法人がどのような生産・流通・販売活動を行っているかの具体的概要は明確ではない。

本調査レポートは、国内有力農業生産法人に関しての概要を調査することにより、農産物流通企業、生産資材メーカー等、広くアグリビジネス関連企業への資料提供を目的として企画した。

●資料のポイント
○農業生産法人数は前年比105.8%の13,561法人(2013年1月1日現在)。
2001年対比で218%、法人数にして7,348法人の増加となり、約10年間で倍増

○「日本再興戦略(改訂2014)」(2014年6月閣議決定)では、
「攻めの農林水産業の展開」というコンセプトの基、
農業委員会・農業生産法人・農業協同組合の一体的改革の推進が盛り込まれる

○農産物の生産・加工・販売分野で他社・団体と提携をしている農業生産法人は
44.4%に達する(有効回答法人数266票)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  2. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  3. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  4. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  5. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  6. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  7. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  8. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  9. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  10. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  2. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  3. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  4. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
ページ上部へ戻る