にんにく若葉、遮光による無農薬・白葉化栽培による原材料の差別化

 株式会社ひとなり(大分県大分市)は、株式会社海洋牧場(大分県速見郡)が世界で始めて青森県産にんにくを無農薬 白葉化栽培(*1)で発芽させた若葉から作った健康補助食品「にんにく若葉」を10月2日から独占ダイレクト販売を開始する。

にんにく若葉、遮光による無農薬・白葉化栽培による原材料の差別化

「にんにく若葉」の開発元である海洋牧場は、1981年創業以来、植物スプラウト(発芽若葉)に深く関わってきた経験から、米国国立ガン研究所の「デザイナーフーズ計画(1990年発表)」でガンを予防するとされる食材リストの中で最高位にランクされたにんにく、その発芽若葉に着目。

研究の結果、その成分はESR(電子スピン共鳴)法による抗酸化能測定の指標でスーパーオキシド消去活性で7.15倍、ヒドロキシラジカル消去活性で13.1倍、一重項酸素消去活性で15.9倍と、従来にんにくより更に優れることを新たに発見して特許を取得*2 しました。

「にんにく若葉」は、パウダーを丸型タブレットにすることで、特許取得のカラダの錆を抑える成分が体内に吸収、飲みやすくしています。さらに、発芽に用いる種にんにくには、世界のブランド青森県産にんにくに限定しています。青森県産にんにくの使用により、医薬品の原材料とした場合でもその要求に応えられるレベルの品質と信頼を目指しています。

*1 特許第4252101号 ニンニクスプラウトの水耕栽培方法
*2 特許第5348810号 ニンニクスプラウトの粉末状物質

デザイナーフーズ計画とは:
1990年に米国国立ガン研究所が、食品の抗酸化力・自然免疫活性力がガン予防や抑制にどのような機能を果たすのかを科学的に解明することを目的としたプロジェクト。

白葉化栽培とは:
通常の光合成栽培よりアミノ酸含有量が高くなることが緑茶での実験でも証明されている。にんにくの白葉化若葉も通常の光合成栽培に比べ含有アミノ酸の全種類の含有量が増加する。(当社調べ)

海洋牧場は、1981年に野菜の水耕栽培で創業。以来、自社開発の栽培装置で省力化を実現しがら安全で美味しい数々の種類の新芽野菜も市場に供給してきました。2004年からは大学と協力して新芽野菜がもたらす健康効果を研究して新しい製品を世に送り出している。

ひとなりは、2002年に設立したE-commerce専門システムインテグレータです。2013年にはサイト運営を代行していたネット通販サイトの月間売上が3億円を超えました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  2. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  3. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  4. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  5. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  6. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  7. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  8. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  9. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  10. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  2. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  3. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  4. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
ページ上部へ戻る