にんにく若葉、遮光による無農薬・白葉化栽培による原材料の差別化

 株式会社ひとなり(大分県大分市)は、株式会社海洋牧場(大分県速見郡)が世界で始めて青森県産にんにくを無農薬 白葉化栽培(*1)で発芽させた若葉から作った健康補助食品「にんにく若葉」を10月2日から独占ダイレクト販売を開始する。

にんにく若葉、遮光による無農薬・白葉化栽培による原材料の差別化

「にんにく若葉」の開発元である海洋牧場は、1981年創業以来、植物スプラウト(発芽若葉)に深く関わってきた経験から、米国国立ガン研究所の「デザイナーフーズ計画(1990年発表)」でガンを予防するとされる食材リストの中で最高位にランクされたにんにく、その発芽若葉に着目。

研究の結果、その成分はESR(電子スピン共鳴)法による抗酸化能測定の指標でスーパーオキシド消去活性で7.15倍、ヒドロキシラジカル消去活性で13.1倍、一重項酸素消去活性で15.9倍と、従来にんにくより更に優れることを新たに発見して特許を取得*2 しました。

「にんにく若葉」は、パウダーを丸型タブレットにすることで、特許取得のカラダの錆を抑える成分が体内に吸収、飲みやすくしています。さらに、発芽に用いる種にんにくには、世界のブランド青森県産にんにくに限定しています。青森県産にんにくの使用により、医薬品の原材料とした場合でもその要求に応えられるレベルの品質と信頼を目指しています。

*1 特許第4252101号 ニンニクスプラウトの水耕栽培方法
*2 特許第5348810号 ニンニクスプラウトの粉末状物質

デザイナーフーズ計画とは:
1990年に米国国立ガン研究所が、食品の抗酸化力・自然免疫活性力がガン予防や抑制にどのような機能を果たすのかを科学的に解明することを目的としたプロジェクト。

白葉化栽培とは:
通常の光合成栽培よりアミノ酸含有量が高くなることが緑茶での実験でも証明されている。にんにくの白葉化若葉も通常の光合成栽培に比べ含有アミノ酸の全種類の含有量が増加する。(当社調べ)

海洋牧場は、1981年に野菜の水耕栽培で創業。以来、自社開発の栽培装置で省力化を実現しがら安全で美味しい数々の種類の新芽野菜も市場に供給してきました。2004年からは大学と協力して新芽野菜がもたらす健康効果を研究して新しい製品を世に送り出している。

ひとなりは、2002年に設立したE-commerce専門システムインテグレータです。2013年にはサイト運営を代行していたネット通販サイトの月間売上が3億円を超えました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  2. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  3. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  4. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  5. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  6. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  7. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  8. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  9. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  2. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  3. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  4. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
ページ上部へ戻る