ノエビア農場が有機JAS圃場認証を取得、オーガニック化粧品の一貫生産目指す

 株式会社ノエビアは、2005年から運営している自社農場「北海道暑寒別岳(しょかんべつだけ)パイロットファーム」の一部において、有機JAS認証(有機農産物)を取得し、2014年10月よりオーガニック栽培を本格的に開始します。
北方植物や高山植物などのオリジナル原材料の開発をはじめ、自社での植物の栽培、生産、加工までの一貫した管理により、近年中に独自のオーガニック化粧品の発売を目指します。

ノエビア農場が有機JAS圃場認証を取得、オーガニック化粧品の一貫生産目指す

■開発の背景
当社は「自然を科学する」を企業ポリシーとして、2005年に自社農場を開設し、亜寒帯地域における植物の有用性研究や化粧品への応用を行ってきました。また、広大な敷地を利用した寒冷地の固有植物の増産化を目的とし、無農薬栽培の実験も行ってきました。この度、お客さまの環境重視と自然志向の高まりによるオーガニック化粧品市場の拡大を背景に、自社農場においてオーガニック素材の開発を行うことになりました。

<自然派・オーガニック化粧品市場拡大>
市場規模は、2007年度から2013年度の過去6年間で約40%増。2014年度は前年比6.0%増、2015年度は同5.7%増の見込みで、拡大基調と予測されている。矢野経済研究所「自然派・オーガニック化粧品に関する調査結果2014」より

■有機JAS認証の主な基準
(1) 種まき又は定植の前2年以上化学合成農薬や化学肥料を使用していない畑で栽培すること
(2) 栽培期間中も化学合成農薬や化学肥料を使用しないこと
(3) 遺伝子組み換え技術を使用しないこと

<有機JAS認証取得までの流れ>
・複数の承認基準や要件において、第三者認定機関による厳しい精査の結果、有機JAS圃場の認証を得られる。
・日本の化粧品には明確なオーガニック規格がないことから、自社農場は食品の有機JAS認証の農場として管理し、有機JAS規格に適合する植物の栽培が可能となる。

■自社農場でのオーガニック栽培による商品開発のメリット
(1) 高品質な原材料の確保
有機JAS認証圃場での土壌づくりから育苗、栽培、収穫までの一貫した管理により、植物に含まれる有用成分が安定的になり、その結果、品質の高い化粧品原材料の確保が可能。

(2) オーガニック栽培による独自のオリジナル原材料の開発
ノエビア独自の植物研究から得られる有用性データをもとに、既存のオーガニック化粧品市場にはないオリジナル原材料の生産が可能。

(3) 安心・安全な化粧品の提供
自社農場で植物を生産し、自社工場にて原材料に加工することにより、原材料のトレーサビリティが明確になり、消費者にとって安心・安全な化粧品の提供が可能。

■パイロットファームの概要
住所:北海道増毛郡増毛町湯の沢
標高:約400m
面積:691万m2
特徴:亜寒帯気候で育つ稀少種を含む植物や薬用植物が生育

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  2. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  3. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  4. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  5. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  6. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  7. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  8. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  9. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  10. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
  2. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  3. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  4. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
ページ上部へ戻る