太陽光と人工光によるハイブリッド型植物工場の研究開発がスタート

 和高専産官学技術交流会では、太陽光と人工光の「ハイブリッド型水耕栽培・植物工場プロジェクト」をスタートさせる。個人農家規模でも栽培可能で収益が見込める高付加価値で収益性の高い薬草類やハーブ類、葉物野菜をLED照明と養液循環で育てて収穫し、出荷できるシステムを研究開発する。

研究開発は「産」が大洋化学の大洋グループを中心に同交流会メンバーで賛同する法人や団体が参加。大洋グループは人的、設備投資、総合的な技術研究、収益性・採算性の追求に取り組む。
「官」は和歌山県暖地園芸センターが育成、栄養等のデータ分析、栽培や分析手法の助言。御坊市は研究機関との調整や税制優遇、補助金を担当。
「学」は和高専が最適な光源の追求や助言に当たる。実施に当たっては県のわかやま中小企業元気ファンド事業に補助金申請する。

研究設備は大洋化学北側の駐車場(18メートル道路沿い)の一角に日照が足りないときにLED照明で補完する太陽光補完型のビニールハウス(面積約180平方メートル)を設置。養液循環(かん水システム、小型水力発電)栽培トレー、防疫、防虫、防かび(銀イオン発生装置、次亜塩素水、噴霧器)冷暖房等を備える。個人農家でも導入できるようにビニールハウスはごく一般的なもの、諸設備も比較的入手しやすいものを用いる。

省エネ分野で電気式温風と重油式・エコファインとの比較、小型水力発電機の活用と発電能力の向上を目指す。低コスト対策としてビニールハウスや倉庫など既存建物内に設置することを想定したシステム設計、人工光源の最適化(収益と光熱費のバランス)などにも取り組む。
ビニールハウスはJA紀州に発注し、建設中。諸設備設置なども含め10月末に完成し、11月から栽培を開始。まず、芽が出やすいリーフレタスで実験を始め、11月末に関係者らを招いた内覧会を行う。

 来年4月ごろには完全密閉型植物工場(2階建て、延べ床面積約100平方メートル)も建設し、光源は常時LED照明を使う。5月末ごろ栽培を始め、内覧会も予定する。来年8月ごろに市場投入など事業展開し、販売方法の確立や販売ルートの確保などに取り組み、早期のシステム実用化を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  4. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  5. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  6. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  7. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  8. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  9. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  10. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  2. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  3. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  4. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
ページ上部へ戻る