太陽光と人工光によるハイブリッド型植物工場の研究開発がスタート

 和高専産官学技術交流会では、太陽光と人工光の「ハイブリッド型水耕栽培・植物工場プロジェクト」をスタートさせる。個人農家規模でも栽培可能で収益が見込める高付加価値で収益性の高い薬草類やハーブ類、葉物野菜をLED照明と養液循環で育てて収穫し、出荷できるシステムを研究開発する。

研究開発は「産」が大洋化学の大洋グループを中心に同交流会メンバーで賛同する法人や団体が参加。大洋グループは人的、設備投資、総合的な技術研究、収益性・採算性の追求に取り組む。
「官」は和歌山県暖地園芸センターが育成、栄養等のデータ分析、栽培や分析手法の助言。御坊市は研究機関との調整や税制優遇、補助金を担当。
「学」は和高専が最適な光源の追求や助言に当たる。実施に当たっては県のわかやま中小企業元気ファンド事業に補助金申請する。

研究設備は大洋化学北側の駐車場(18メートル道路沿い)の一角に日照が足りないときにLED照明で補完する太陽光補完型のビニールハウス(面積約180平方メートル)を設置。養液循環(かん水システム、小型水力発電)栽培トレー、防疫、防虫、防かび(銀イオン発生装置、次亜塩素水、噴霧器)冷暖房等を備える。個人農家でも導入できるようにビニールハウスはごく一般的なもの、諸設備も比較的入手しやすいものを用いる。

省エネ分野で電気式温風と重油式・エコファインとの比較、小型水力発電機の活用と発電能力の向上を目指す。低コスト対策としてビニールハウスや倉庫など既存建物内に設置することを想定したシステム設計、人工光源の最適化(収益と光熱費のバランス)などにも取り組む。
ビニールハウスはJA紀州に発注し、建設中。諸設備設置なども含め10月末に完成し、11月から栽培を開始。まず、芽が出やすいリーフレタスで実験を始め、11月末に関係者らを招いた内覧会を行う。

 来年4月ごろには完全密閉型植物工場(2階建て、延べ床面積約100平方メートル)も建設し、光源は常時LED照明を使う。5月末ごろ栽培を始め、内覧会も予定する。来年8月ごろに市場投入など事業展開し、販売方法の確立や販売ルートの確保などに取り組み、早期のシステム実用化を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  3. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  4. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  5. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  6. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  7. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  8. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  9. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  10. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
  2. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  3. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  4. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
ページ上部へ戻る