セールスフォース、イノベーション“さが”プロジェクトの農業支援アプリケーションを構築

 世界シェアトップのCRMプラットフォームを提供する株式会社セールスフォース・ドットコムは8月25日、佐賀県庁の「イノベーション“さが”プロジェクト」の一環である「次期電子県庁システムに係る調査・研究」について、農業分野における共同研究を開始したことを発表した。

本共同研究では、セールスフォース・ドットコムのモバイルカスタマープラットフォームSalesforce1上で構築された農業支援アプリケーションの試用と効果検証を行います。同アプリケーションは、サンビット株式会社によって開発され、佐賀県における農業の発展と継承を目指す、新しい取り組みとなります。

セールスフォース・ドットコム「イノベーション“さが”プロジェクト」の農業支援アプリケーションを構築

 佐賀県庁が実施する「イノベーション“さが”プロジェクト」は、公共サービスの質の維持向上及び経費の節減を図ることを目的として、県が民間や団体等との共同研究を実施し、県の行政実務に関する「知識・経験」と民間等の「創意・工夫」を合わせることで“新しいサービス”のあり方を創造するプロジェクトです。

佐賀県は、水田農業を中心に全国でも有数な米麦大豆の省力生産を行うとともに、ハウスみかんの収穫量が全国1位であり食糧自給率が107%と、農業が盛んな県で、農業に関する様々な新しい取り組みを行っています。
今回、最新のモバイル、ソーシャル、クラウド技術を最大限に活用し、将来の農業の発展を目指す取り組みの一環として本共同研究が実施され、パートナーとして、モバイルカスタマープラットフォームSalesforce1を提供するセールスフォース・ドットコム及びサンビット株式会社が選ばれました。

 当アプリケーションは、農業者に情報提供と指導を行う普及指導員のナレッジ共有を促進することで、農業者からの相談に対して、普及指導員がどこからでも素早くリアルタイムで、質の高い回答を提供することを可能にします。さらに、クラウド上に一括管理し蓄積された情報およびナレッジは、今後の農業の発展と継承への取り組みに役立てることが可能となります。
本共同研究は、2014年7月15日にトライアルが開始され、8月末まで実施された後、2014年10月以降に研究結果を発表する予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  2. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  3. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  4. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  5. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  6. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  7. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  8. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  9. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  10. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  2. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  3. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  4. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
ページ上部へ戻る