JFEスチール、直播稲作で使用される種子コーティング用プレミックス鉄粉「粉美人」を販売

 JFEスチールでは、直播稲作で使用される種子コーティング用プレミックス鉄粉「粉美人」を日本で初めて開発し、製造を開始した。尚、販売はキンセイマテック株式会社(本社:大阪市中央区)が行う。

近年、稲作の低コスト・省力化を目的とした鉄コーティング水稲直播技術が脚光をあびています(*)。鉄コーティング水稲直播とは、鉄粉でコーティングした稲種子(籾)を水田に直接播き、水田中で発芽、苗立ち、生育させる栽培方法です。
育苗作業・苗運搬が不要となるため、現在日本で一般的に行われている水稲移植栽培と比べ大幅な省力化が可能となります。

JFEスチール、直播稲作で使用される種子コーティング用プレミックス鉄粉「粉美人」を販売

 種子に被覆する鉄粉は水田に播いたとき、おもりの役目を果たしますが、鉄粉をそのまま種子にまぶしても付着しないため、接着剤として焼石膏を使用します。鉄粉と焼石膏を一定の比率で混合し、水に浸しておいた種籾にふりかけて適度に水分を与えると、焼石膏は水と反応して固化します。
同時に鉄粉も酸化(錆び)が進行し、強固な鉄皮膜を形成します。このようにしてできたコーティング層は、堅固で水中でもはがれないため、水田に直接播くことが可能となります。

しかしながら、従来は鉄粉と焼石膏が別々に販売されていたため、お客様で混合作業を行う必要がありました。また、鉄粉と焼石膏という大きく比重の異なる粉末を均一に混合することは難しく、コーティングにムラが発生し、乾燥後に鉄粉が脱落するという課題がありました。

 そこで今回、あらかじめ鉄粉と焼石膏を所定割合で均一混合した新しい鉄粉商品「粉美人」を日本で初めて開発しました。鉄粉と焼石膏を均一に混合する技術は、当社が日本で最初の粉末冶金用鉄粉を開発して以降培ってきたものを応用しています。同商品の使用により、お客様の混合作業が省略され、不均一な混合によるコーティングムラが解消されます。

 2014年6月には、その優れた品質が全国農業協働組合連合会(JA全農)に認められ、全国のJAにて農業資材として取り扱われることになりました。これにより農家のお客様に更に身近に使用して頂ける環境が整いました。当社は今後も鉄粉の新たな需要分野の開拓、普及を図ると共に、更に高品質、高機能な商品の開発に注力し、お客様の利便性向上に努めてまいります。

(*)独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)によって2004年に開発され、現在、JA全農等が主体となって技術の普及を図っている。同技術の開発以降、順調に普及が進んでおり、2013年度は約10000haで鉄コーティング直播技術を利用した作付けが行われたと推定されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  3. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  4. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  5. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  6. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  7. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  8. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  9. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  10. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  2. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  3. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  4. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
ページ上部へ戻る