住友化学、中国大連にて高機能農業用ハウスフィルムの製造設備を増強

 住友化学は中国大連市で、農業用ビニールハウスに使う高機能フィルムの生産能力を現在の2.5倍の年1万トンに増強する。大連市にある農業用フィルムの工場に数十億円を投じ、新ラインを設置する。2016年4月の稼働をめざす。

フィルムの厚みが0.05〜0.15ミリメートルと薄く透明なのが特徴。太陽光を有効活用でき、1年を通じて温暖な環境を保ちやすい。水をはじく化学成分をフィルム表面に塗布しているため、ハウスも曇りにくい。
樹脂材料設計を工夫して耐久性を高め、約5年張り替えずに使用できるようにした。一般的な中国産の汎用品は破れやすく1年ごとに取り換える必要があるという。(写真:弊社による中国市場調査での花卉・温室ハウス)

住友化学、中国大連にて高機能農業用ハウスフィルム製造設備を増強

 住友化学は、このたび、中国遼寧省大連市における大連金港集団有限公司との合弁会社である大連住化金港化工有限公司(以下、「大連住化金港化工」)にて、高機能農業用ハウスフィルム(農業用ポリオレフィン系特殊フィルム、以下「農PO フィルム」)の生産能力を、現状の4,000 トン/年から10,000 トン/年に増強することといたしました。

農POフィルムは、農業用ハウスの大型化などを背景として、中国・韓国・日本などで、広幅品の需要が大幅に増加しています。また、高付加価値な花卉(かき)などの園芸作物の栽培が広がる中国では、廉価品から高機能品への置き換えが急速に進んでいます。
住友化学が大連住化金港化工で製造している農POフィルムは、透明性、流滴性、耐久性などの機能・品質が従来から高く評価されており、今回、広幅化に対応した製造設備を増設することで、これらの需要に対応いたします。

<増設設備の概要>
生産品目:高機能農業用ハウスフィルム(広幅型)
設備能力:6,000 トン/年
操業開始:2016 年4月(予定)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  2. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  3. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  4. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  5. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  6. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  7. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  8. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  10. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  2. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  3. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  4. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
ページ上部へ戻る