青森県とヤマト運輸が連携、農産品の国内流通や海外輸出面での迅速化を実現

 青森県とヤマト運輸は7月24日、新たな物流体制を確立するための連携協定を結んだ。翌日午前中に配送可能なエリアは東北地方に限られていたが、協定によって本州全域に拡大。翌日午前に届けられる地域の「人口カバー率」は7.5%から84.7%と10倍以上になる。同社が物流の仕組みづくりで自治体と協定を結ぶのは全国初。

青森県とヤマト運輸が連携、農産品の国内流通や海外輸出面での迅速化を実現

背景
青森県は農林水産品の国内流通において、首都圏や関西圏といった大消費地との距離が離れており、翌日午前中にお届け可能なエリアは、人口カバー率で7.5%と他の生産地と比較して、時間・距離の面で地理的に不利となっております。

特に生鮮品は、収穫(漁獲)から小売までに要する時間が付加価値に直結するため、西日本への輸送にあたっては、スピードと鮮度保持が求められています。また、輸出についても、アジア圏で日本の農水産品への高いニーズがありながら、海外への販路、検疫・通関などの手続き、商品代金の回収などが障壁となり、生産者が販路拡大に二の足を踏んでいました。

これらを踏まえ青森県は、第一次産業を物流面で支援するため、官民連携した青森県ロジスティクス戦略を策定してきました。このたび青森県と連携事業者として選定されたヤマト運輸は、流通拡大に向けた新たな輸送インフラ「青森県総合輸送プラットホーム」の構築を行うこととなりました。

◆輸送のスピードアップで、青森県から翌日午前中に配達できるエリアを7.5%から84.7%と、10倍以上に拡大
通常の宅急便の幹線輸送とは別に新たな幹線輸送を構築します。陸送で「青森−仙台幹線」の新たな幹線輸送ダイヤを設けます。仙台から首都圏(関東・東京)へは新たな陸送での幹線輸送ダイヤを設定、中部や西日本(関西・四国・中国・九州)に向けては、仙台空港から大阪の伊丹空港までの航空輸送ネットワークを利用します。

◆鮮度・品質の保持
輸送リードタイムの短縮や保冷(冷蔵・冷凍)輸送により、青森県のおいしい農林水産品をより新鮮なまま国内外にお届けします。

◆海外への販路拡大をサポート
沖縄国際物流ハブなどのネットワークを活用し、海外へもお届けします。これまで海外への販路を持っていなかった生産者に対しては、販売チャネルの提案や商談会などを通じて、販路の拡大を支援します。今後、輸出入の手続き、書類作成の支援なども段階的に行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  2. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  3. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  4. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  5. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  6. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  7. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  8. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  9. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  10. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  2. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  3. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  4. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
ページ上部へ戻る