新横浜LED植物工場産「ハイカラ野菜」を都内百貨店で販売開始(エディブルフラワーも生産)

 植物工場開発の株式会社キーストーンテクノロジーと植物工場装置の販売を行う株式会社アグリ王は、共同で運営する大規模植物工場「新横浜LED菜園」で栽培した「横浜・馬車道 ハイカラ野菜」を都内百貨店にて販売開始しました。

「横浜・馬車道 ハイカラ野菜」(以下「ハイカラ野菜」)の都内百貨店での取扱いは初めて。現在は、青果物小売事業を行う株式会社ころくや が運営する、松屋銀座本店と西武池袋本店内の2店舗での取扱いを開始しています。また、神奈川県内ではFoodwayプリンスペペ新横浜店でも取扱いを行っています。

■新横浜LED菜園 概要
「新横浜LED菜園」は、株式会社アグリ王の拠点である奈良建設本社ビル内(所在地:横浜市港北区新横浜1-13-3奈良建設4F)に設置されており、月産約15,000株(※リーフレタス換算)の生産が可能です。現在は、横浜市内有名レストランや、青果ネット販売事業者への販売を行っています。

<取扱商品の特徴>
“食べられる花”エディブルフラワーをミックスした野菜パッケージ商品「ハイカラミックス-プレミアム-」と高品質なハーブの販売を主に行っています。「ハイカラミックス〜プレミアム〜」は、レタスを中心に数種の葉物野菜とエディブルフラワーをバランスよく1パッケージに同梱したもので、手軽に「栄養」「香り」「食感」「彩り」の整った華やかなサラダがつくれる商品です。

エディブルフラワーは、都内百貨店でも入荷する品種にばらつきがあり、希望の品種が手に入らない場合もあります。「ハイカラ野菜」を生産するLED植物工場独自の装置技術と栽培技術を用いることで、季節に関わらず安定的な供給を実現しました。

<安定供給を実現する装置・栽培技術>
LED植物栽培ユニット「AGRI Oh!(アグリ王)」を使用し、温度・湿度・CO2濃度などを制御したクリーンな室内環境で栽培を行っています。そのため、農薬を使用せず、天候に関係なく周年野菜を生産することができます。

装置のLED調光技術により、化学的操作をせず機能性成分の強化を実現、蓄積した栽培ノウハウで、レタス・ホウレンソウなどの葉物野菜、ハーブ類、エディブルフラワーなど多品目の作物を安定品質で提供可能にしました。

<私たちの目指す植物工場>
当社のLED植物工場は、土地の利用効率が高く、都市での野菜生産を実現できます。そのため、消費地である都市への物流におけるCO2排出とコスト削減も可能です。また、土を使用せず、水の循環利用が可能なため、水資源投入量を抑え環境負荷の低減も期待できます。
今後は、都内百貨店をはじめ「ハイカラ野菜」の取扱店を拡大することにより、CO2排出を低減した野菜流通の強化と、環境問題に対応した農業事業を目指します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  2. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  3. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  4. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  5. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  6. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  7. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  8. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  9. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  10. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  2. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  3. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  4. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
ページ上部へ戻る