新横浜LED植物工場産「ハイカラ野菜」を都内百貨店で販売開始(エディブルフラワーも生産)

 植物工場開発の株式会社キーストーンテクノロジーと植物工場装置の販売を行う株式会社アグリ王は、共同で運営する大規模植物工場「新横浜LED菜園」で栽培した「横浜・馬車道 ハイカラ野菜」を都内百貨店にて販売開始しました。

「横浜・馬車道 ハイカラ野菜」(以下「ハイカラ野菜」)の都内百貨店での取扱いは初めて。現在は、青果物小売事業を行う株式会社ころくや が運営する、松屋銀座本店と西武池袋本店内の2店舗での取扱いを開始しています。また、神奈川県内ではFoodwayプリンスペペ新横浜店でも取扱いを行っています。

■新横浜LED菜園 概要
「新横浜LED菜園」は、株式会社アグリ王の拠点である奈良建設本社ビル内(所在地:横浜市港北区新横浜1-13-3奈良建設4F)に設置されており、月産約15,000株(※リーフレタス換算)の生産が可能です。現在は、横浜市内有名レストランや、青果ネット販売事業者への販売を行っています。

<取扱商品の特徴>
“食べられる花”エディブルフラワーをミックスした野菜パッケージ商品「ハイカラミックス-プレミアム-」と高品質なハーブの販売を主に行っています。「ハイカラミックス〜プレミアム〜」は、レタスを中心に数種の葉物野菜とエディブルフラワーをバランスよく1パッケージに同梱したもので、手軽に「栄養」「香り」「食感」「彩り」の整った華やかなサラダがつくれる商品です。

エディブルフラワーは、都内百貨店でも入荷する品種にばらつきがあり、希望の品種が手に入らない場合もあります。「ハイカラ野菜」を生産するLED植物工場独自の装置技術と栽培技術を用いることで、季節に関わらず安定的な供給を実現しました。

<安定供給を実現する装置・栽培技術>
LED植物栽培ユニット「AGRI Oh!(アグリ王)」を使用し、温度・湿度・CO2濃度などを制御したクリーンな室内環境で栽培を行っています。そのため、農薬を使用せず、天候に関係なく周年野菜を生産することができます。

装置のLED調光技術により、化学的操作をせず機能性成分の強化を実現、蓄積した栽培ノウハウで、レタス・ホウレンソウなどの葉物野菜、ハーブ類、エディブルフラワーなど多品目の作物を安定品質で提供可能にしました。

<私たちの目指す植物工場>
当社のLED植物工場は、土地の利用効率が高く、都市での野菜生産を実現できます。そのため、消費地である都市への物流におけるCO2排出とコスト削減も可能です。また、土を使用せず、水の循環利用が可能なため、水資源投入量を抑え環境負荷の低減も期待できます。
今後は、都内百貨店をはじめ「ハイカラ野菜」の取扱店を拡大することにより、CO2排出を低減した野菜流通の強化と、環境問題に対応した農業事業を目指します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  2. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  3. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  4. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  5. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  7. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  8. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  9. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  10. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  3. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
  4. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
ページ上部へ戻る