宮城県石巻・津波被害の中学跡地に太陽光利用型植物工場・ベビーリーフの生産へ

 東日本大震災の津波による浸水被害を受けた宮城県石巻市立大川中学校の跡地に、水耕栽培の太陽光利用型植物工場が完成した。運営するのは、宮城県東松島市のリサイクル業「東部環境」。建設のための土地は大川中の跡地を石巻市から、資金については東北銀行などから借り、事業に乗り出した。

株式会社東北銀行では、この度、株式会社東部環境様の、宮城県大川地区における農業の震災復興支援を目的とした水耕栽培事業に関する設備資金に対し、ABL(注)を活用した融資を実施しましたのでお知らせいたします。

宮城県石巻・津波被害の中学跡地に太陽光利用型植物工場・ベビーリーフの生産へ

宮城県大川地区は、東日本大震災により農業をはじめとした地域の産業が多大な被害を受け未だ復興の途上にあります。本事業は、被災した大川中学校の跡地を活用し、水耕プラントによる次世代農業を行い、石巻発の高付加価値な地域ブランド商品の開発・販売を通じた地域活性化を図ることを目的としています。

 株式会社東部環境では、今後隣接地に「大規模太陽光発電所」も整備する予定であり、大川地区における農業再生と合わせ、再生エネルギーの創出による環境面への貢献も行う予定となっております。将来的には近隣生産農家の生産物の買取・加工を通じ、地域全体の農業所得向上にも貢献していく予定です。

注:ABL (アセット・ベースト・レーンディング:流動資産担保融資)について
ABLとは、企業が保有する商品・製品等の在庫や売掛債権等の流動資産を担保として融資を行う手法です。商品等の価値を評価し活用することで、資金調達の多様化と円滑化を図ることが出来ます。

会社概要
企業名:株式会社東部環境
所在地:宮城県東松島市大曲字南浜1-4
代表者:工藤 豊和
事業概要
平成12 年創業。タイヤのリサイクル業をしており、震災後はリサイクル業を通し復興に貢献。本事業による地域の農業再生を通し、大川地区発の地域ブランド創出に取組む。プラントでは「ベビーリーフ」を生産し、「良葉東部(イーハトーブ)」のブランドで販売を行う予定。

水耕プラントの概要
事業地:宮城県石巻市針岡字山下61 番地(大川中学校跡地)
設備名称:「アクアビトン」
設備概要
颯爽工業が開発した「省エネ」「周年栽培」を目的とした水耕栽培システム。従来の水耕プラントと違い、水耕部分のみの水温を調節することで省エネ化を実現したシステム。
融資額:80百万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  2. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  3. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  4. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  5. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  6. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  7. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  8. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  9. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  10. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  2. NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発
     エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consu…
  3. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  4. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
ページ上部へ戻る