伊藤忠テクノ、農業軽作業を受託する特例子会社(株式会社ひなり)を設立。高齢者・障害者の新規雇用創出へ

伊藤忠テクノソリューションズは障害者雇用の促進に向け新会社「株式会社ひなり」を設立した(厚労省から特例子会社の認定を受ける予定)。同社では、NPOしずおかユニバーサル園芸ネットワークと協業し、農家から草むしりなど軽作業を受託する事業を展開する計画である
 
 
最近では重労働から解放される水耕栽培技術を導入して、高齢者・障害者を雇用した農業事業に乗り出す大手企業が多い(事業形態は特例子会社として)。例えば本格的な農作物の栽培事業では、センコー(詳細記事)やクボタ(詳細記事)などが取り組んでいる。
 
 
今回は農家から草むしりなど軽作業の受託を行うだけだが、作業を請け負った農家から優先的に、オフィス用のお茶や社員食堂用の米などを仕入れることで、調達コストの削減や農家の販路支援にもつながる可能性はある。特に小規模農家などは最適ではないだろうか。
 
以下、伊藤忠テクノソリューションズのプレスリリースの一部のみ掲載する。

CTC、障がい者雇用の促進に向け新会社を設立
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC、本社:東京都千代田区、社長:奥田陽一)は障がい者雇用促進のために100%出資子会社「(株)ひなり」を4月1日付けで設立しました。「ひなり」とは、「日々、成長する」「雛がすくすく成長する」などの思いを込めた造語です。CTCは、豊かでゆとりある社会の実現を目指し、多様な人材がそれぞれの能力を発揮できる職場づくりを目指しており、これを踏まえて新会社の設立を決定しました。
 
CTCでは、これまでもいち早く積極的に障がい者の雇用促進、職域開拓に取り組んできました。霞が関本社をはじめ、大崎、九段、大阪などのオフィスに設置したマッサージルームではヘルスキーパーが勤務しています。さらに、2008年6月には、「特定非営利活動法人 PWL」と連携してオフィス環境の美化整備を目的とした新規職域としてクリーンキーパーを導入、2009年6月には外部委託業務の内製化として新たにクリーニング業務を職域開拓し、2つの職域併せて11名の新規雇用を創出しました。
 
このたび、より多くの人材を雇用できるよう、CTCの事業領域にとらわれない事業を開拓し、請負関連事業を立ち上げることといたしました。新会社では、これまで取り組んできた業務に加えて、以下の新規事業を開始します。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  2. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  3. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  4. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  5. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  6. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  7. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  8. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  9. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  10. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  2. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  3. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  4. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
ページ上部へ戻る