新日鉄住金エンジ、ローソンファーム秋田の植物工場に自社システム建築商品を納入

 新日鉄住金エンジニアリング株式会社の建築・鋼構造事業部のシステム建築商品「スタンパッケージ(R)」が、ローソンファーム秋田が稼働させた完全人工光型植物工場に採用された。

・関連記事 ローソンファーム初、植物工場によるベビーリーフの生産
・関連記事 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注

スタンパッケージは、設計・建築部材・施工等建築生産プロセス全体を標準化・システム化することで高品質と短工期・省施工を両立した新日鉄住金エンジニアリングの40年以上の実績を有するシステム建築商品で、2012年に「Rシリーズ」として、商品ラインナップを拡充しました。

新日鉄住金エンジ、ローソンファーム秋田の植物工場に自社システム建築商品を納入
 この度、「スタンパッケージ(R)」を採用頂いたローソンファーム秋田は、株式会社ローソンが今年1月に設立した全国で12箇所目となる農業生産法人であり、ローソンファーム(注)として初めて、室内の植物工場にて野菜(ベビーリーフ)を栽培します。

人工の照明等により植物の光合成を促すとともに、温度・湿度等の生育環境を最適に制御するため、天候や季節に左右されることなく年間を通じて同一品質の野菜を生産することができます。

 この度の植物工場では、「スタンパッケージ(R)」の「高断熱・高気密」な外壁・屋根システムにより、植物工場で必要とされる室内環境の実現が可能となりました。また、建築生産プロセス全体の標準化により可能となった省施工により、建設業界の職人不足・管理者不足でも計画通りの確実な施設建設が可能となる点も評価され採用に至りました。

【(仮称)羽後町植物工場新築工事 概要および外観パース】
 ●施主:株式会社ローソンファーム秋田(秋田県雄勝郡羽後町)
 ●建設地:秋田県雄勝郡羽後町新町字京塚野1番地
 ●床面積:656m2
 ●竣工予定:2014年9月末