住友化学、大豆向け新規種子処理用農薬を米国で発売

 住友化学は、当社の殺菌剤エタボキサムを有効成分として含有する、大豆向けの新規種子処理用農薬「INTEGO(TM) SUITE System」を、100%子会社であるベーラントU.S.A.社を通じて、米国で発売する。

種子に農薬を施用することで農薬の散布回数や散布量を減らし農作業の省力化につなげる種子処理用農薬は、農業の大規模化などの流れのなか、世界最大の市場である米国を中心に、近年、需要が大幅に拡大しています。

「INTEGO(TM) SUITE System」に含まれるエタボキサムは、各種野菜類のべと病、ジャガイモの疫病などに卓効を示すとともに、茎葉処理や土壌処理などさまざまな分野で適用可能な殺菌剤で、特に種子処理用途では、有効な薬剤が少ない苗立ち枯れ病に対して優れた防除効果を発揮する点が特徴です。
また「INTEGO(TM) SUITE System」は当社殺虫剤クロチアニジンも含有しており、殺菌効果のみならず優れた殺虫効果をも発揮することで、作物の収穫量向上に貢献します。

 住友化学は、健康・農業関連事業の事業領域拡大の取り組みのひとつとして、種子処理用農薬事業に注力しており、エタボキサムとクロチアニジンをその製品ラインアップの中核として位置付けています。

米国では、すでに登録取得済みだったクロチアニジンに加え、2014年3月にエタボキサムの登録を取得しました。米国以外でも、ブラジル、アルゼンチンなどの南米地域、ベトナム、インドネシアなどのアジア地域等で、エタボキサムやクロチアニジンを中心とした種子処理用農薬の開発・登録を、引き続きグローバルに進めてまいります。

【ご参考】ベーラントU.S.A.社の概要
会社名 :Valent U.S.A.Corporation
所在地 :米国カリフォルニア州ウォールナットクリーク市
資本金 :150百万USD
出資比率:住友化学100%
社長   :Andy Lee
設立年月:1988年4月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  2. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  3. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  4. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  5. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  7. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  8. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  9. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  10. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  2. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  3. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
  4. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
ページ上部へ戻る