福島いわき市のひまわり信金、LED光源を採用した植物工場を開設

 福島県いわき市を本店とするひまわり信用金庫は、取引先企業の事業化を目的としたLED活用の水耕栽培プラント「街なか野菜工場、ひまわり ふれあい農園」を6月27日にオープンさせた。LED光源を採用した完全人工光型植物工場では6ユニット計24段の水耕栽培ラックが設置され、約2000株のリーフレタスが同時に定植することができる。

現在、グリーンリーフレタス約1500株を育てており、24時間照射によって、播種から約30日で収穫できる、という。その他、サラダ菜、水菜、サンチュの栽培も行っている。

本農園は福島県立磐城農業高等学校と共同研究を行っている。見学、作付け体験は企業や学校、一般市民らを対象に無料で受け付ける予定。植物工場による経営の多角化を目指す企業に対しては、空き工場の有効活用や各種補助制度などを提案し、参入を後押しする、という。