味の素、窒素・リン酸・カリウムをバランス良く配合した葉面散布用液体肥料を発売

 味の素株式会社は、うま味成分のグルタミン酸の製造過程で生成する発酵液を活用し、野菜や花卉(かき)の花芽形成期から結実期に最適に使用できるよう窒素・リン酸・カリウムをバランス良く配合した葉面散布用液体肥料「アジフォル(R)アミノガード(R)544」を開発、1.3kg品および5.2kg品を2014年7月より発売する。

味の素、窒素・リン酸・カリウムをバランス良く配合した葉面散布用液体肥料を発売

 同社では、うま味成分のグルタミン酸の発酵液を主原料とした液体肥料「アジフォル(R)アミノガード(R)」を既に発売しています。この肥料は、植物のストレス応答に関する研究などの成果を活用して、アミノ酸を豊富に配合し、微量元素も添加した葉面散布用の液体肥料です。

希釈した液を葉に直接散布することにより、土壌で分解されやすいアミノ酸や土壌に吸着されやすい微量元素を効率的に補給することで植物の元気な生育を助けます。

 しかし、実際の農業の場では、作物の種類や生育の時期により、最適とされる栄養成分量が異なることが知られています。特に作物の花芽形成期やイチゴの結実期には、より多くのリン酸が必要となります。このたび、肥料の三大成分である窒素・リン酸・カリウムを約5:4:4のバランスに調整することにより、野菜や花卉(かき)の花芽形成期から結実期に最適な葉面散布用液体肥料「アジフォル(R)アミノガード(R)544」を開発しました。

また、「アジフォル(R)アミノガード(R)544」は、発酵液を主原料としているのに加え、さらに栄養効果が高く吸収性の良いアミノ酸を添加しているため、アミノ酸補給剤としても最適です。

 当社では、今後も、お客様の様々なニーズに応えられるよう、発酵液を主原料としたアミノ酸系・核酸系の液体肥料のラインアップを拡充していきます。味の素グループでは、世界一のうま味調味料やアミノ酸のメーカーとして、製造の過程で生成される発酵液に独自の技術で価値を付与し、農作物の肥料と利用することにより、事業を通じて、ひと・生き物・地球の持続可能な未来づくりに貢献していきます。

■商品特長:
「『AJIFOL(R)』を使ったら、農薬の使用量が減った」との海外のお客様の声から生まれた葉面散布用液体肥料です。花芽形成・結実期に使用します。
・原料は、植物由来の粗糖・糖蜜を微生物によりアミノ酸発酵させた液体です。
・アミノ酸や植物の生育に必須な微量栄養素を最適な比率で配合しています。
・窒素・リン酸・カリウムの保証値(%)は5.5−4−4です。

■使用方法:花芽形成期から結実期に本品を500〜1000倍に水で希釈し、葉面に散布して使用(葉物野菜に関しては2000倍以上に希釈し使用)。

■容量/価格:1.3kgおよび5.2kg/オープン価格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  2. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  3. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  4. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  5. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  6. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  7. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  9. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  10. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  2. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  3. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  4. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
ページ上部へ戻る