味の素、窒素・リン酸・カリウムをバランス良く配合した葉面散布用液体肥料を発売

 味の素株式会社は、うま味成分のグルタミン酸の製造過程で生成する発酵液を活用し、野菜や花卉(かき)の花芽形成期から結実期に最適に使用できるよう窒素・リン酸・カリウムをバランス良く配合した葉面散布用液体肥料「アジフォル(R)アミノガード(R)544」を開発、1.3kg品および5.2kg品を2014年7月より発売する。

味の素、窒素・リン酸・カリウムをバランス良く配合した葉面散布用液体肥料を発売

 同社では、うま味成分のグルタミン酸の発酵液を主原料とした液体肥料「アジフォル(R)アミノガード(R)」を既に発売しています。この肥料は、植物のストレス応答に関する研究などの成果を活用して、アミノ酸を豊富に配合し、微量元素も添加した葉面散布用の液体肥料です。

希釈した液を葉に直接散布することにより、土壌で分解されやすいアミノ酸や土壌に吸着されやすい微量元素を効率的に補給することで植物の元気な生育を助けます。

 しかし、実際の農業の場では、作物の種類や生育の時期により、最適とされる栄養成分量が異なることが知られています。特に作物の花芽形成期やイチゴの結実期には、より多くのリン酸が必要となります。このたび、肥料の三大成分である窒素・リン酸・カリウムを約5:4:4のバランスに調整することにより、野菜や花卉(かき)の花芽形成期から結実期に最適な葉面散布用液体肥料「アジフォル(R)アミノガード(R)544」を開発しました。

また、「アジフォル(R)アミノガード(R)544」は、発酵液を主原料としているのに加え、さらに栄養効果が高く吸収性の良いアミノ酸を添加しているため、アミノ酸補給剤としても最適です。

 当社では、今後も、お客様の様々なニーズに応えられるよう、発酵液を主原料としたアミノ酸系・核酸系の液体肥料のラインアップを拡充していきます。味の素グループでは、世界一のうま味調味料やアミノ酸のメーカーとして、製造の過程で生成される発酵液に独自の技術で価値を付与し、農作物の肥料と利用することにより、事業を通じて、ひと・生き物・地球の持続可能な未来づくりに貢献していきます。

■商品特長:
「『AJIFOL(R)』を使ったら、農薬の使用量が減った」との海外のお客様の声から生まれた葉面散布用液体肥料です。花芽形成・結実期に使用します。
・原料は、植物由来の粗糖・糖蜜を微生物によりアミノ酸発酵させた液体です。
・アミノ酸や植物の生育に必須な微量栄養素を最適な比率で配合しています。
・窒素・リン酸・カリウムの保証値(%)は5.5−4−4です。

■使用方法:花芽形成期から結実期に本品を500〜1000倍に水で希釈し、葉面に散布して使用(葉物野菜に関しては2000倍以上に希釈し使用)。

■容量/価格:1.3kgおよび5.2kg/オープン価格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  2. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  3. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  4. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  5. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  6. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  7. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  8. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  9. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  10. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  2. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  3. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  4. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
ページ上部へ戻る