コーセー、タニタとコラボの「農業女子ブリリアントボディー化計画」を開始

 株式会社コーセーは、健康総合企業を掲げる株式会社タニタと共同で、農林水産省が推進する官民連携の「農業女子プロジェクト」の一環として、農業女子の健康と美を支援する「農業女子ブリリアントボディー化計画」を7月13日よりスタートする。

コーセー、タニタとコラボの「農業女子ブリリアントボディー化計画」を開始

 農林水産省では、アベノミクスの成長戦略のひとつである「女性の活躍」を実現する施策として、女性農業者と企業との協業による新たな商品やサービス、情報を社会に広く発信していく目的で2013年に農業女子プロジェクトを開始。
当社はスタート時よりその趣旨に賛同し、女性農業者の皆さんへ外的刺激となる紫外線や乾燥対策等のスキンケア、耐水性に優れたメイクアップ商品を提供し、生活環境から肌を守るノウハウと美しく装う楽しさを提案してきました。

 今回の「農業女子ブリリアントボディー化計画」は、このプロジェクトに参画しているタニタとともに、「健康と美」をテーマに、3カ月間で適度な脂肪と筋肉のバランスが取れた、肌も髪も健康でトラブルのない“ブリリアントボディー”(※)を目指すプログラムを実践していきます。

当社としては、屋外作業時における紫外線や乾燥などの肌トラブルから農業女性者を守るスキンケアやヘアケアに関するビューティセミナーを実施し、期間中当社の商品を使用して頂くと共に、健康で健やかな肌や髪を維持する方法を習得していただきます。

※“ブリリアントボディー”とは
 タニタでは、見た目はスリムだけれど体のラインが健康的で美しい、体脂肪率21%以上でやや少なめ、筋肉量は平均的細マッチョタイプの体形を「ブリリアントボディー」と呼んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  2. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  3. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  4. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  5. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  6. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  7. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  8. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  10. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  2. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  3. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  4. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
ページ上部へ戻る